■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
製薬会社MRさんに学んだプロ意識
鼻中隔彎曲症に関する続きを書くべきなのですが、今回は別の話題で更新します。

私は大学院を卒業しており、医学博士の学位を持っています。
通常、医師が博士号を取得する場合は自身の専門分野(私の場合は麻酔科学)に関する研究をして論文を書き、学位審査をパスするのが一般的なのですが、私は母校の基礎医学の教室に出向する機会を得て、そこで研究をして学位をもらいました。

「基礎医学」とは「臨床医学」の対義語で、生理学や薬理学など、直接患者さんを診療しない医学の分野を指します。

今日、その教室の年に1回の同窓会に出席してきました。
学長や医学部長などの偉い先生方がたくさんいらっしゃるパーティで、しかも私は正規の教室員ではなく、研究の期間だけ一時的に在籍しただけなので、どちらかというと「アウェー」な会です。しかし人との繋がりの大切さを感じる昨今、できるだけ参加するようにしています。

こういう「アウェー」な会に出席するとき、いつも思い出すことがあります。

もう何年も前のことになりますが、大学の麻酔科医局の忘年会でのことでした。
ホテルの宴会場を借りて行う会で、世間一般的な「忘年会」というよりは「立食パーティ」というイメージを持っていただければ良いかと思います。男性は皆スーツにネクタイです。そういう会ですから、麻酔科と関連のある製薬会社のMRさん(医薬情報担当者の意。専門知識を持った営業担当者といったところでしょうか)も多数参加してくれます。

その中でいつも仲良くしていただいていたMRさんに私が、
「こういう会に参加するのって、楽しくないですよね。仕事とはいえ大変ですね。」と言ったところ、こんな答えが返ってきました。

「楽しい楽しくないは私にとって関係ありません。参加するのが仕事である以上、黙って参加するだけです。ただ個人的には、〇〇大学麻酔科の忘年会はイヤな仕事ではありません。」

なんと表現すべきか、清々しさのようなものを感じました。

仕事をする理由は人によって色々あるとは思いますが、共通するのは自分や家族の生活を守るためではないでしょうか。そのために給料をもらっている以上、やるべき仕事は淡々とこなし、選り好みをすべきではありません。
今日の同窓会にしても、私が参加したのは、これが将来もしかしたら仕事に生きるかも知れないからです(もちろん懐かしい人たちに会えるというのもありますが)。

あまり気乗りのしない集まりに参加するとき、いつもこのMRさんのことを思い出します。
その後異動されてしまい何年も会っていませんが、今も年賀状のやり取りはしています。とても尊敬できる方でした。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 23:55:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する