■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻中隔彎曲症 その2
前々回の鼻中隔彎曲症の記事について、続きを記しておきます。
「続きは次回。」などと期待させるようなことを書いておきながら、全然たいしたことではなくて恐縮ですが…。

アレルギー性鼻炎を想定した投薬は、4週間続けてみましたがやはり効果は感じられませんでした。

毎週火曜日の午前中はかつて在籍していた大学病院の手術室を手伝いに行っていますが、ある日たまたま手術室で耳鼻科医の後輩に会いました。彼は研修医時代に麻酔科を3か月研修しており、その時に私が指導したことがあります。

耳鼻科を受診した時のことを話し、どうしようかなぁと聞いてみたところ、「手術しましょうよ。僕がやりますよ!」と気軽に言いやがります。

まあ実際に頼むかどうかは別として詳しく聞いてみたところ、鼻中隔彎曲症の手術は最近は手術翌日に退院することもできるらしく、一泊入院で済ませることも可能なようです。私は麻酔科医なのでどんな手術をするかはわかっているのですが、これがなかなかエグい手術なんですよ(笑)。まあ全身麻酔下に行う手術なので手術中は何もわかりませんし、術後の痛みは実はあまり強くないようです。
一泊入院で済むのならば、例えば金曜日だけ仕事を休み、翌週はまた普通に仕事に戻ることができます。

聞くところによると、手術を受ければ劇的に鼻づまりが改善し、「世界が変わる」らしいです。

そういえば大学病院に在籍していた頃、ある芸能人の鼻中隔彎曲症手術の麻酔を担当したことがあります。手術前日に麻酔の説明に行った時、その人も「何十年も悩まされてきた鼻づまりから解放されます。楽しみです。」と話していたのがとても印象的でした。
全身麻酔をかける際は、人工呼吸のために気管挿管という手技を行う(ことが多い)のですが、この手技によってごく稀に歯が欠けてしまったり、声がかすれてしまったりすることがあります。この方は当時、ある連続ドラマに出演されていたのでとても心配でしたが、退院後テレビで拝見しても声がかすれている様子がなかったのでホッとしたものでした。

扁桃摘出を受けて以来、自身が全身麻酔を受けることに対するハードルはかなり低くなっていますので、心が揺れ始めています。
スポンサーサイト





鼻づまり | 23:27:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する