■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
飲水療法
新年初投稿です。
「続きは次回」などともったいぶっておきながら、1ヶ月以上もご無沙汰してしまいました。

前回の外来で提案されたのは、「飲水療法」なるものでした。
言葉通り、ただ水を飲むということです。尿量を増やすことによってGFRの低下を防げるという説があるそうで、今までの日常生活での飲水量に加えて1日2リットル水を飲むようにと言われました。

「ただ単にクレアチニンの数値が下がって、それでGFRが良くなってるように見えるだけじゃないかとも言われてるんですけどね〜。でも最近の報告だとエビデンスも出てきてるんですよ。」
と主治医。

eGFRというのは実測値ではなく、計算式に基づいた推定値です。例えば下記のサイトをご覧ください。

腎臓の働きをしらべる eGFRの測定

ここで計算式に影響するのはクレアチニン値、年齢、性別だけです(他にも身長や体重などを加味して補正する式もあるようですが)。
クレアチニン値の単位はmg/dlですので、水をたくさん飲むことによって血液を薄めてしまえば数値は下がり、その結果eGFR値も(数値上は)良くなるわけです。

「ただ水道をひねって水を飲むだけですので、やってみませんか?」
というようなことを言われ、私も
「じゃあやってみます。」
と答えました。

特別なことをするわけでもありませんし、お金がかかるわけでもありませんので、これでもし腎機能が保たれるのならば儲けもんです。

ただ実際やってみると2リットルの水を飲むというのはなかなか大変で、毎日必ずというわけにはいきませんが、一応今も続けています。


最後になりましたが、あけましておめでとうございます。
サボってばかりのこのブログですが、面白いものにできたら良いなと考えています。今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト





日常(寛解後) | 22:03:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する