■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
自分を客観的に評価する
なんだか妙なタイトルになってしまいました。

このブログを始めておよそ3年が経ちました。このブログの一番の目的は、「記録を残すこと」です。

そして記録を残したいと思った理由は、
①当時の自分もIgA腎症の先輩方のブログがとても参考になり、そして大きく力づけられたことから、自分も誰かの役に立ちたいから
②自分の気持ちや考え方を目に見える形で残したいから
でした。

①については現在GFRの数値に不安があるものの、とりあえず寛解に漕ぎつけたので、ほぼその目的は果たしたと考えています。同じ病気で悩む方々にとって、運よく寛解してしまった人間の自慢話など読んでも面白くないだろうと思うのです。実はこれは、ブログの更新頻度が下がってしまった理由の一つでもあります。

そこで②です。
諸先輩方にに比べればまだまだ若輩者ですが、ここまで生きてきて、或いは医者として社会人として17年間働いてきて、自分がどういう人間なのかということが徐々にわかってきました。ただそれは漠然としたものなので、今後はその断片について、思いついたときに文章にして記してみようかと思います。その都度思いつきで書くつもりですので、企画倒れになるかも知れません。私のブラックな部分に言及せざるを得なくなるかも知れないため少々勇気が要りますが、よろしければご覧ください。


その手始めとして、今回のタイトルについて。
自分の能力・性格・立場などを客観的に評価するということは、とても大切なことだと思っています。自分の良い部分も悪い部分もある程度は理解しておかないと、行動を誤る怖れがあります。良い部分に関しては大いに自信を持って良いと思いますし、悪い部分についても冷静に受け止めるべきでしょう。

自分の能力を過信して虚勢を張る人と関わるのは言うまでもなく不快ですし、逆に能力があるにも関わらず自分を卑下してばかりいるような人は、他人から見ればイヤミでしかありません。

常に謙虚な姿勢を保ちながら、傲慢にならず、卑下もしないというバランス感覚が必要なのだと思います。
ただ残念ながら、私がそれを実践できているかどうかを評価するのは他人ですので、私は一生それを知ることはできないのですよね(笑)。

スポンサーサイト





麻酔科医として | 00:24:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-08-28 水 12:19:08 | | [編集]
Re: ありがとうございます
コメントありがとうございます!
非公開コメントとなっておりますので、この場では内容についてのご返信は控えさせていただきます。

もし宜しければ、画面左にあるメールフォームよりご連絡いただければと存じます。メールにて返信いたします。
2019-08-29 木 17:39:04 | URL | Anesth1975 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する