■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
1/21 外来受診
1/10(火)に採血・採尿、1/21(土)に受診でした。
季節外れの夏休みをいただき、1/14〜1/20で家族旅行に出かけていたため、検査と受診の間が11日もあいてしまいました。検査データ自体は1/10の時点ですでに自分で見てあったので、別に問題はないのですが。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 −)
尿比重 1.002
Cre 0.86 (前回 0.89)
BUN 11 (前回 10)
eGFR 78 (前回 76)

特に変化なし、です。
飲水療法のせいで尿比重が異常低値になっておりますが…。

今までも何度か書いたかと思いますが、尿の潜血や蛋白というのは量ではなく濃さを測るものです。本来は潜血や蛋白がプラスになるべき病態であっても、飲水療法によって尿が薄くなることで、見かけ上マイナスになってしまう可能性もあるのではないかという心配があったので質問してみました。

「(尿が)薄くなっても、出ていればプラスになります。先生(私のこと)の場合は赤血球もゼロですし、まず大丈夫だと思います。」
とのことでした。

そういえば前回の受診報告で、飲水療法として1日2リットルの水を飲むように指示されたと書きましたが、3リットルの間違いでした…( ꒪⌓꒪)。かなりの量です。まあ頑張ってみます。

飲水療法が有効である理由についても話してくれましたが、なにぶん専門外なもので、細かい用語に自信がないのでここでは書かないことにします。今後論文を読み、私自身が理解できるようになった時に改めて紹介させていただきます。

処方は変わらず。次回は3/28(火)に採血・採尿、4/1(土)に受診です。
スポンサーサイト





受診報告(寛解後) | 01:18:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する