■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
42歳
3日すぎてしまいましたが、2月17日は42回目の誕生日でした。
私はFaceBookを利用していますが、多くの友人からおめでとうと言ってもらえるのは、この歳になっても悪い気はしませんね。

誕生日当日は妻がケーキを用意してくれました。3歳の長男は誕生日というものがまだ理解できていないと思いますが、一緒にローソクを消して、ケーキを食べて大喜びです。

この季節になると、扁摘パルスで入院していた頃のことを思い出します。あれから3年が経ちました。39歳の誕生日を病室で迎えたものでした。職員として入院したおかげで個室に入れてもらえて、不謹慎ながら楽しい入院生活でした。
ステロイドを点滴する日は全く眠くならず、毎晩のようにソチオリンピックを観ていたものでした。そして来年はまた冬季オリンピックの年ですね。月日の経つのは速いものです。
スポンサーサイト





日常(寛解後) | 19:29:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する