■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻づまり
すっかりご無沙汰してしまいました。
春頃からしばらく忙しかった時期があり、このブログからも遠ざかってしまっていました。更新しようと思いつつも、一度間をおいてしまうとなかなか戻れずにいました。その間にメールを下さった方、ありがとうございました。

さて。
以前にも書きましたが、私はずっと鼻づまりに悩まされています。いつからかは覚えていませんが、おそらくはずっと昔、小学生の頃から症状があったのではないかと思います。
いつもつまっているわけではなかったのですが、ちょっと風邪をひくたびに鼻がつまって不快だったのを覚えています。親に言っても「鼻をかめば治る」くらいの答えしか帰ってこず、仕方のないことなのだと諦めていました。いま思えばあの頃からすでにおかしかったのだと思います。
よく「つまっている側を上にして寝れば治る」といいますが(交代性鼻閉といいます)、それもあまり効果はなく、治ったとしても今度は反対側がつまるだけでなんの解決にもなりませんでした。

そのうち年中つまるようになり、30歳を過ぎた頃からは市販の点鼻スプレーが手放せない状態に。30代半ば頃からは毎晩のように夜中に鼻づまりで目が覚めてしまうようになりました(この状態は扁桃摘出後に若干改善しました。過去記事参照。)。

現在、私の周りには至るところに点鼻薬が置いてあります。自宅のリビング、寝室、カバンの中、車の中、職場のデスク、手術室、といったところでしょうか。使うのは起床時と、日中にせいぜい1〜2回なのですが、無いと不安で、海外旅行の時などはスーツケースに3個は入れて出かけます。

市販の点鼻薬を使い続けるのは良くないこと、私自身の全身麻酔・手術に対するハードルが低くなっていること、どうせ手術を受けるなら若ければ若いほど安全であることから、きちんと治療を受ける決心をしました。

つづきは次回。
スポンサーサイト





鼻づまり | 12:52:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する