■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻づまり②
前回の続きです。

鼻づまりの根本的な解決を決心したわけですが、今までにかかったことのないあるクリニックを受診することにしました。

大学病院に行ったある日に麻酔科の先輩と話していた時、鼻づまりの治療をしようと思っていることを話したところ、都内某所に鼻に特化したクリニックがあることを聞きました。ネットでの評判もとても良く、手術も日帰りでやってくれるようです。実際に手術になるかどうかはわかりませんが、日帰りで済むというのは大きな魅力です。

仮に手術を受けるとすれば全身麻酔下の手術になりますが、日帰りでの全身麻酔手術は充分に可能であることは誰よりも私自身が理解しています(ただし患者の側にも、言われたことをきちんと守れる程度の理解力が必要です)。

ここでは具体的なクリニック名は記しませんが、ネットで検索すればいつも上位でヒットするクリニックです。

9月の下旬にそのクリニックに電話したところ、初診の予約は10/24まで埋まっており、10/25以降になると言われました。かなりの繁盛ぶりです。
私は現在、火曜日の午前中は自由がききやすいので、10/31(火)を希望しました。午後は仕事があるので一番早い時間帯を希望し、10:00からの枠での予約となりました。

予約枠はいちばん早くても10:00〜ですが、クリニックは8:30から開いているとのことでした。混んでいるようだし、午後の仕事のためにもできるだけ早く済ませられるよう、当日は8:30に着けるようにしようと思いました。
最近は毎朝子供たちの食事や着替えの世話を妻といっしょにした後、家族全員で家をでますが、いつもの時間に家を出ればちょうど8:30頃にはクリニックに到着できそうです。

というわけで、10/31に受診してきました。受診報告は「鼻づまり③」で。
スポンサーサイト





鼻づまり | 21:45:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する