■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
あけましておめでとうございます。新年初投稿です。

このブログを見てご連絡をいただける方もあり、少しはお役に立てているようで嬉しく思います。
今年は真面目に(?)更新したいと思いますが・・・。

さて、「咳」です。

若い頃からよく咳をしていました。風邪をひいた時などはいつも咳だけが最後まで残っていました。

そして10年ほど前からは風邪をひいた後、他の症状が治っても咳だけが妙に長引くようになり、最近の3年間では毎年咳だけが2〜3ヶ月は続くようになりました。
喘息やアレルギーの検査をしても異常はなく、もちろんインフルエンザでもなく、どこの耳鼻科にかかっても改善せず、自身で色々な薬を試してみても効果はありませんでした。

いつも1月に風邪をひき、1週間程度で症状が治まった後も咳だけが残り、3月か4月になると治るという繰り返しで、ずっとゲホゲホしているという有様。黙っている時は良いのですが、喋ると咳がでてしまい、会話もままならないほどでした。
麻酔をかけるのは喋らなくてもできるので良いとしても、術前や術後の説明や診察には大きく支障を来し、患者さんに心配されてしまうという体たらくでした。

そして今シーズンも。
11月下旬に風邪をひき、今年は数日で喉の症状も治まってきたな〜と思っていたら再び咳がで始め、例年と同じ状態に。
2週間経っても当然のように治りません。このままだと年末年始休みもこの状態だろうなと諦めかけていたところ、たまたま職場の近くに咳を専門にしているクリニックがあることを知り、受診してみることにしました。

12/22に受診しました。
長くなりそうなので続きは次回。
スポンサーサイト





人として 患者として | 23:35:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する