■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
咳の外来 受診
遅くなってしまいましたが、12/22に「咳の外来」を受診した際の報告です。

その日は午後の手術が比較的早く終わったので、17:00の終業と同時に職場を出てクリニックへ。職場から近いので、初診受付の締め切りの17:30に間に合いました。
とても綺麗なクリニックで、結構な混雑です。

問診票には詳しい症状や、IgA腎症のこと、鼻づまりの治療中であること、自分が麻酔科医であることも書き、今までに試した薬も全て正直に書きました。
かなりの混雑でかなり待たされそうでしたが、持って行った雑誌を眺めながら気長に待ちました。こういう時間は結構好きだったりします。

30分くらい待ったでしょうか、レントゲン室へ呼ばれて胸のレントゲンを撮り、再び待合室へ。

そのあと20分くらい経って、診察室へ通されました。
男の私から見て、かなりカッコいい先生です!歳は私より5-6歳上といったところでしょうか。呼吸器外科出身の先生のようでした。
聴診も非常に丁寧で、説明もわかりやすく理論的です。私が医者であることもわかっているので、かなり専門的に詳しく説明してくれました。繁盛しているのも納得です。

私の病状に関しては詳しい部分は省きますが、気道の過敏性が異常に亢進している状態で、おそらく慢性鼻炎もひとつの原因になっているだろうとのこと。ここでも鼻づまりが悪さをしていたようです。

「普通なら咳止めを出すところですが、私は咳止めは使いません。2週間を目標に治療しましょう。きっと良くなるはずです。」と、吸入薬2種類と内服薬3種類を処方されました。
隣にある薬局に行って薬をもらって終了。全部で1時間半くらいだったかと思います。

言われた通りに薬を使ってみて、すぐに良くはなりませんでしたが、数日後から少しずつですが咳が減ってきました。お正月も少し咳が残りましたが大したことはなく、1/4頃からはかなり良くなって現在に至ります。

見た目・診察の仕方・話し方・話す内容と、どれをとってもハイレベルな先生でした。混んでいたけれど、またこの先生に診てもらおうという気にさせられます。
素晴らしい医師に出会えました。
スポンサーサイト





人として 患者として | 22:24:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する