■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
あれから4年
今日は1月30日。
私が扁桃摘出の手術を受けたのが2014年の1月30日。あれからちょうど4年が経ちました。

今日は午前中に大学病院(=扁摘を受けた病院)の手術室を手伝いに行く日でした。
手術室を歩いていると、当時の執刀医の先生が手術をしているのが見えたのでその部屋に入り、タイミングを見計らってその先生に話しかけてみました。ちなみにその部屋、私が手術を受けた部屋でした。

私「K先生!」
K「あ、おはようございまーす。」
私「K先生に扁摘していただいて、今日でちょうど4年になりました。」
K「ああ、もうそんなになりますかぁ。」
私「その節はお世話になりました。」
K「ってことはAnesth先生が大学を辞められてからもう4年経つってことですか?」
私「そう、もう4年も経つんですよね〜。」

周りのスタッフは「えっAnesth先生ここでオペしたの?」って顔で見ています。
4年も経てば手術室のスタッフもだいぶ入れ替わり、私が手術をしたことなど知らない人が増えています。

書類上は2014年の3/31に退職でしたが、常勤医として仕事をしたのは1/29が最後で、その日の夕方に入院。2/21の退院後は有休消化の形で休ませて頂きました。

あれからあっという間に4年です。入院中に見ていた冬季オリンピックが、もうすぐまた開催されます。

よく、年をとると時が経つのが速くなると云います。あれ、本当ですね。
ここのところ本当に、毎日が過ぎてゆくのを速く感じます。「手術をした4年前のあの日が昨日のように...」とまではいきませんが、1週間前くらいであれば本当に「昨日」です。

きっとこれから、もっと速く感じるようになるのでしょうね。
スポンサーサイト





日常(寛解後) | 22:28:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する