■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
43歳
一昨日の2/17は43回目の誕生日でした。

この時期になると、扁摘パルスでの入院生活を思い出します。あれから4年経ちました。
今年の東京は4年ぶりの大雪に見舞われました。そして冬季オリンピック。

4年前の入院生活はステロイドのおかげで全然眠くならず、夜中にテレビでソチオリンピックを観ていたのは良い思い出です。そしてあの年も東京は大雪が降りました。
そんなわけで、今年の誕生日は何か感慨深いものがありました。

同世代(2学年上)で、今でも一線で活躍されているスキージャンプの葛西紀明選手をずっと応援しています。
4年前に個人ラージヒルで銀メダルを獲った時には本当に嬉しくて、涙が出てしまったのを今でも憶えています。病室で、すごく勇気づけられたものです。

今年は私の誕生日当日が個人ラージヒルでしたが、残念ながら上位には食い込めず。厳しいことはわかっていましたが、45歳の葛西さんが表彰台に登る姿を見てみたかった!
そして今晩は団体戦。状況は厳しいようですが、応援したいと思います。

私はスポーツに限らず、どんな世界でも、長い間継続的に活躍し続ける人を尊敬します。
葛西さんは8回目のオリンピック出場。初出場から実に26年です!

今後どうされるのかはわかりませんが、競技を続ける限り、応援し続けたいと思っています。
スポンサーサイト





日常(寛解後) | 16:46:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する