■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻 手術へ①
すっかりご無沙汰してしまいました。

タイトル通り、鼻を手術することになりました。
ブログの更新をサボっているせいで経緯を記すことができておらず、申し訳ありません。

年末の投稿に書いたように、2/21に受診したのですが、実はその時に手術を決心しました。
ただこれも年末の投稿に書いた通り、手術は鼻炎を「治す」ものではなく「症状を和らげる」ためのもので、やっても改善しない可能性も1割程度あるようです。
手術は日帰りでやってもらえるのですが、術後しばらくは鼻の奥に詰め物をした状態で口呼吸で過ごさねばならないそうで、それが心配です。慢性的に鼻づまりに悩まされてきたせいで、「鼻がつまる」ということにある種の恐怖感があるため、詰め物をした状態でまともに仕事や日常生活ができるのかとても不安です。

とはいえやはり「諸悪の根源」であるこの鼻づまりが良くなる可能性があるならばと、手術を受けることにしました。

人気のクリニックであるため手術の予約も数ヶ月先までいっぱいで、また私も仕事にできるだけ影響しない日程を選びたかったため、かなり先延ばしになってしまい、7月初旬となりました。

手術は2回に分けて行うそうで、7/3(火)と7/6(金)です。
日帰り手術とはいえ全身麻酔下に行うため翌日も仕事は休む必要があるので、2回のうち1回は金曜日にしてもらいたかったこと、鼻に詰め物をして過ごす期間(1回目〜2回目の間)をできるだけ短くしたかったことを考慮した結果、このような日程となりました。
2回目の手術の後も一週間は詰め物をして過ごし、7/13(金)にそれを抜きに行きます。残念ながらこの一週間は短くすることができないそうなのですが、この詰め物はあまり辛いものではないようです。

長くなりそうなので続きは次回にします。
スポンサーサイト





鼻づまり | 14:16:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する