■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻 手術へ②
7/3(火)と7/6(金)に手術を受けることになりました。
1回目は鼻中隔彎曲症に対する手術、2回目は慢性鼻炎に対する手術です。
どちらもさほど長い手術ではないのですが、確実に時間内に終わらせるために2回に分けて行う方針なのだそうです。

日帰り手術とはいえ全身麻酔下に施行しますので、翌日は仕事を休むよう指示されています。7/5は仕事をしても構わないようなのですが、この日も大事をとって休むことにし、7/3〜7/6の4日間はお休みをいただくことにしました。時期的にちょうど「夏季休暇」の名目で休暇を申請できるので好都合でした。医者になって以来、夏休みを夏にとる習慣がないもので…。

2回の手術ともに、必ず付き添いがつくこと・術後はタクシー又は本人以外が運転するクルマで帰ることも誓約しなければならないので、それは私の両親に頼むことにしました。7/3(火)は都内の自宅からクリニックへ行き、術後は父の運転するクルマで千葉の実家に帰り、7/6(金)も父のクルマで実家とクリニックを往復、そのまま7/8(日)まで実家で過ごすことにします。
自宅にいても妻や子供たちの足手まといになりそうなので…(笑)。

あと、術後1ヶ月間は禁酒(!)だそうです。

日帰り手術とはいえ費用もそれなりにかかるため、健康保険組合に「限度額適用認定証」も請求しました。

私にとっては扁桃摘出以来の全身麻酔です。実は6歳の時に鼡径ヘルニアの手術を受けていますので、今回が人生で3回目と4回目の全身麻酔下手術になります。
先日の5/16に術前検査のために受診し、次回は6/20に術前説明を聞きに受診するのですが、その時に全身麻酔の話もあるのでしょう。

手術にせよ麻酔にせよ、当然ながら危険性はないとはいえませんが、とくに心配はしていません。
長年の鼻づまりから解放されることを期待して、7月を待つことにします。
スポンサーサイト





鼻づまり | 09:31:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する