■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
大腸内視鏡②
前回の続きです。

前日の20:00に夕飯を済ませ、以降は検査開始まで絶食(水はOK)。21:00にプルゼニドという下剤を4錠内服。
毎日快便の私にとって下剤というのは今までに縁のないものだったので、深く考えずに指示通りに4錠飲んだのですが、妻によれば「プルゼニド4錠って結構な量だよ」とのこと。
大丈夫か…?

とくに何ごともなく朝を迎え、7:00にいつも通りのオルメテック・ノルバスクを内服。その後いつも通りの快便。
9:00からモビプレップという下剤の内服を開始。
IMG_1120.jpg
写真のように点滴のバッグのような容器に粉が入っていて、これに2Lの水を混ぜて溶かします。
コップ1杯を10〜15分かけて飲み、これをもう一回繰り返し、その後コップ1杯の水を飲みます。これを、便が黄色の透明になるまで(重ね重ね汚くてスミマセン)繰り返すようにと指示されています。

飲んでみると…
ハイ、マズいです。
ポカリスウェットをしょっぱくして、美味しくなくしたような味です。
イッキに飲みほすならまだしも、これをチビリチビリと時間をかけて飲むのはなかなかツラいです。

10:40頃、下剤6杯+水3杯を飲んだ後のトイレでめでたく黄色透明の便となり終了。ちょうど1Lくらい飲んだ計算になります。

下剤って、飲んだ後は何度もトイレに駆け込むことになるのかと思っていたのですが、その後1回だけで便意は落ち着きました。

検査は13:30から。13:15までにクリニックに来るようにと指示されています。
妻も子供たちも出かけていたので、2時間くらいの間のんびりテレビを見て過ごし、12:40に家を出ました。

意外と長くなってきたのでさらに次回につづきます。
スポンサーサイト





人として 患者として | 23:29:27 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
はじめまして
はじめまして。
先月末に腎生検を受け、先日結果がでました。残念ながらIgAでした・・・。
大腸内視鏡の検査も昨年の9月に受けました。1日つぶれてしまうのかと消極的でしたが、前日からの食事制限がそれほどつらくなかったので、調子にのってしばらく2週間ほど食事を軽めを続けたら、太い足が少し細くなり、顔も少しシャープになり、家族からすっきりしたと絶賛されました(下剤ダイエットをする人もいるそうですが、危険ですよね)。
検査中は苦しかったけどもよかったな、と思ったのもつかの間、その後健診の結果がでて、再検査もひっかり、腎臓内科に行くように指示がでて、そして通院がはじまり、腎生検も受けそしてこれからはもっと休暇をとることになります。大変なのは自分でも病気という実感がないのに、出してもらった診断書を読んだ人でないと理解してもらえず、本来の仕事が今免除されていることで、不思議がる人が多いことです。
長くなりましたが、お医者様のブログはとても参考になりますのでよろしくお願いします。
2018-06-05 火 21:33:04 | URL | とんとん [編集]
Re: はじめまして
コメントありがとうございます。

たしかに慢性腎炎は、見た目には病人とはわからないので周りの理解を得にくいと思います。
また自身にとっても明らかな症状があるわけではないので、病気であることを受け入れることが難しく、それ故に自分を律するには相当に強い意思を要するのでしょう。

私の場合は自身が医者であり、当然ながら職場の同僚も医療従事者で、妻も医者であるため、家族や職場の理解を簡単に得ることができたという点でかなり恵まれていました。

運良く寛解してしまったので参考になるかはわかりませんが、これからもぼちぼち更新するつもりですので、よろしければお付き合いくださいませ。
2018-06-06 水 23:22:52 | URL | Anesth1975 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する