■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
大腸内視鏡③
クリニックで受付を済ませると、更衣室に案内されました。着替えを指示され、服や手荷物はすべて鍵のかかるロッカーに入れるのですが、検査後しばらくは安静の時間があるため、暇つぶしのためのスマホは持っていても良いと言われました。
私は運転中以外はあまり音楽を聴きませんし、スマホ自体あまりいじらないのですが、安静時間がどの程度になるのかもわからないので一応持っておくことにしました。あと念のために鼻づまり用の点鼻スプレーも…。

その後左腕の血管に鎮静薬を投与するための針を留置され、
IMG_1123.jpg
数分後にいよいよ検査室へ。初めての鎮静下の内視鏡検査に興味津々で、不安は全くありませんでした。

横向きに寝かされ、左腕から3種類の薬剤(それらが何であるかは全て教えてもらっています)を投与されますが、全然眠くなりません。検査中も起きていて、画面もずっと見ていた(ように思えました→後述)のですが、辛さは全くありませんでした。途中でポリープがひとつ見つかり、「取っておきますね〜」と言われ、切った瞬間のことも憶えています。

しばらくして検査終了。拮抗薬(鎮静薬の作用を打ち消す薬)を投与され、腕の針が抜かれます。

起き上がると少しフラつく感じがあり、看護師さんに支えてもらいながら歩いて別室へ。
快適なリクライニングチェアに座り、しばらく休憩。20分ほど休んだ後に更衣室で着替え。

その後外来診察室に呼ばれました。「どうでしたか?」と訊かれ「ハイ、快適でした!」。
術中に撮影した内視鏡写真を見ながら、おそらくは良性のポリープ(私の目から見ても良性に見えました)を取ったこと、良性とは云っても癌化する可能性があるので取って良かったであろうことを説明されました。

ポリープを取ったため5日間は禁酒するよう云われ、会計を済ませて帰ってきました。

帰り道…。
よくよく思い返してみると、検査中ずっと起きていたつもりだったものの、ところどころの記憶が曖昧であることに気づきました。例えばカメラが入ってきた瞬間や、それが抜かれた時のことを憶えていません。また実際にかかった時間の割には、あまりにも速く終わったように感じます。
おそらくは起きていたのでしょうが、クスリの作用によってそれを憶えていないのだと思います(健忘作用といいます)。

検査などで鎮静薬を投与する場合、完全には眠らせずに会話はできる程度の意識を保ち、且つ不快がない状態にするのが良いとされます。それを身をもって体験することができました。
鎮静薬の使い方についても、いずれ機会があれば触れようかと思います。

2週間後の6/9(土)に、取ったポリープの病理所見(要するに良性か悪性か)の説明を受けにもう一度受診する予定です。
スポンサーサイト





人として 患者として | 00:11:54 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-11 月 15:54:29 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する