■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
大腸内視鏡④
6/9に、結果説明を聞くために受診してきました。

予想された通り、良性腫瘍でした。
4mm程度の腺腫で、断端陰性でした。

「断端陰性」とは切り取った標本の端っこに腫瘍細胞が無かったという意味で、もしこれが陽性の場合、腫瘍が取りきれていないということになります。
良性とはいえ10mmを超えてくると癌化する可能性もあるため、取っておいて良かったでしょうと。
まあとりあえずひと安心です。

ただこの歳で(良性とはいえ)腫瘍が見つかった以上、今後もできる可能性は高いので、1年後くらいにもう一度検査した方が良いとのこと。その時になにも見つからなければ、以降はもっと間隔をあけても大丈夫でしょうと云われました。

というわけで、また来年に行くことになりそうです。
スポンサーサイト





人として 患者として | 00:12:30 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-16 土 18:29:16 | | [編集]
コメントありがとうございます!

非公開コメントとなっておりますので、ここでのお返事は差し控えさせていただきます。
差し支えなければ、左にあるメールフォームよりメールアドレスを記入の上メール送信していただければ回答させていただきます。
2018-06-17 日 00:07:59 | URL | Anesth1975 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-17 日 09:42:33 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-22 金 19:38:35 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する