■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
明日、手術です
以前の投稿にも書きましたが、明日7/3、鼻の手術を受けに行ってきます。

明日と、その3日後の7/6にももう一度手術を受けます。
1回目(明日)は鼻中隔彎曲症の手術で、2回目は「後鼻神経切断術」という手術を受けます。
明日から4日間は休暇をいただきました。

全身麻酔や手術に関しては全くといって良いほど心配していないのですが、気懸りなのは明日の手術終了後から2回目の手術を受ける時まで、鼻に詰め物をされてしまうことです。その詰め物にはストローのような管が通っていて、手術直後は鼻は塞がらないようなのですが、結局出血によって塞がってしまうため、鼻では全く呼吸ができない状態になってしまうのだそうです…。

手術の日程を決める際、その期間をできるだけ短くしたいと伝えたところ最短で中2日と言われ、その結果として今回のような日程になったという経緯があります。

2回目の手術の後も1週間詰め物をされてしまうのですが、それは辛いものではないようです。

明日は朝8時にクリニック前で父と待ち合わせして、受付を済ませます。
手術の後の回復室で過ごす時間も含め、お昼頃にはすべて終了するようです。その後父の運転する車で千葉の実家に行き、7/8の日曜日までは実家でゴロゴロしながら過ごすことにします。

今晩0時から絶食、明日の朝6時から絶飲食になります。
妻と子供達は向こうの実家に行っているので、これからひとりで夕飯を食べに出かけることにします。
「最後の晩餐」は何にしようかな…。
スポンサーサイト





人として 患者として | 20:57:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する