■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
東京医科大学の裏口入学事件を見て思うこと
鼻の手術は無事に終わり、はや3週間が経とうとしています。

手術のご報告をすべきところなのですが、今回は東京医科大学の裏口入学が発覚した事件について、思うところを書きたくなりました。以下の内容は私の憶測も多く含まれていることをご了承ください。
また予めお断りしておきますが、裏口入学をした学生やその親、裏口入学を受け入れた大学を擁護するつもりは全くありません。絶対にあってはならないことだと思っています。

文部科学省の局長が、大学に便宜を図る見返りとして自身の息子を裏口入学させていたという汚職事件です。今月のはじめ頃に報道されていたかと思います。

私立大学医学部の入学試験では、1次試験と2次試験を課すのが一般的です。1次試験は筆記試験で、これに合格した受験生だけが2次試験に進むことができます。2次試験は面接と小論文で、これをパスして晴れて合格となります。2次試験を点数化している大学もあるとは思いますが、通常はよほど人間性に問題がない限りは、1次試験の点数順に最終合格者が決まっていると思います。
そして合格者から入学辞退者が出ると、不合格者の中から上位の受験生が順次くり上がって補欠合格となります。しかし1次試験で不合格となった受験生が補欠合格することは絶対にありません。

1次試験は満点が400〜500点程度に設定されていることが多いかと思います。近ごろ医学部は大人気で、100名程度の募集定員に対して2000〜3000人以上の受験生が殺到するのはザラです。

さて、400点満点の試験を2000人が受験したとします。仮に1点から満点まで均等に分布したとしても、各点数において同点の受験生が5人存在する計算になります。実際にそんなことはあるわけがなく、1点の中にもっともっと多くの受験生がひしめくことになります。

これはある本を読んで知ったことですが(数字はうろ覚えで適当です)、ある年の某私立医科大学では定員100人に対し、最終的に160人の受験生が合格したそうです。つまり正規合格者100人のうち60人が入学を辞退し、その分60人が補欠合格したということです。そしてなんと正規合格者と補欠合格者の合格ラインの差は、わずか2点しかなかったということです。単純に計算すると、当落線付近では1点の中に30人の受験生がひしめいていたということです。
100位の受験生と101位の受験生が、160位と161位が同点であった可能性も大いにあります。

1人の入学辞退者が出たとして、同点の中にひしめく何人もの受験生のうちの誰を繰り上げ合格させるか?
もちろん面接や小論文が優秀だったという理由で選べればベストなのでしょうが、それは困難でしょう。高校時代の成績を点数化するという手もありますが、それでも同点者は出てしまうでしょう。そこで、色々な思惑が絡んでくるのも不思議ではないと思います。
親が大学OBである。親が医者である。よく噂されるのが幾ら寄付金を払えるのか。多浪生を意図的に外すところもあると聞きます。あるいは性別が影響するところもあるとか…。
このように書くと多くの方は不快に感じると思いますが、私立大学である以上、これらは決して「不正」とは言えないわけです。


・・・。


無計画に書いていると、際限なく長くなってしまいそうです・・・。「で? 何が言いたいの?」と言われてしまいそうですね。
私自身、ここから話をどうやって件の事件に繋げていくのか、きちんとできる自信がありません(・・;)。

今日は一旦ここで打ち切ります。続きは次回以降で。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 23:41:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する