■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
東京医科大学の裏口入学事件を見て思うこと②
前回のつづきです。
繰り返しますが、ここで述べることには私の憶測が多く含まれます。真偽のほどは定かではない様々な噂を吟味して、私なりの考え方に整理したものです。本当かどうかはわかりません。

前回、入学辞退者がでた場合に補欠合格を誰にするか決める際には、点数以外の部分が影響してきてもおかしくはないと書きました。しかしこれは補欠合格ばかりでなく、正規合格者を選ぶ際にもあり得ることだと思います。どんなに高得点をとっていても、◯浪以上している受験生は合格させない大学がある、なんて話を聞いたこともあります。試験の点数と合格順位が入れ替わる可能性は十分にあると思います。

ただこういう操作ができるのは、2次試験の段階でしょう。1次試験(学力試験)は明確な点数が出てしまうので、ここで操作を加えるのは困難でしょうし、それをやったら明らかに「不正」だと思います。1次試験で何人程度の合格者を出すかは予め決まっているはずなので、それに近い人数になるようにボーダーラインが設定されます。このボーダーラインを少し下げるくらいの操作はできるかもしれません。特定の受験生の点数に下駄を履かせるのは「不正」ですが、合格基準点を決めるのはあくまで大学側の裁量です。人数の制約がある以上、大きく下げるのは難しいと思いますが。

2次試験は通常は面接と小論文ですから、なかなか点数化できるものではありません。逆に言えば、どうにでも点数を決められるということです。
私立大学である以上、大学側にとって都合の良い学生を集めたいと思うのはある意味当たり前なわけです。これを「不正」と言ってしまうと、他学部でのスポーツ推薦や、最近増えているAO入試などは成り立たないでしょう。さらには一般的に私立大学医学部の学費は高額ですから、親にそれを支払えるだけの経済力を求めるのも当然です。

ここで言いたいのは、私立大学医学部合格のためにいわゆる「コネ」を使うにしても、1次試験に合格できるだけの学力がなければ意味がないということです。
「私立大学の医学部なんて、金持ちのバカ息子が行くところだ」と思っている方は今でも多いようです。しかし最近は空前の医学部人気と、学費を下げる大学も増えてきている影響で(それでも十分に高額なのですが)、かなりの難関です。大学受験の情報誌などによれば、最低でも早慶の理工学部と同等程度とされています。はるか昔まで遡れば、そういう時代もあったと聞きますが…。

今回の事件で私が興味を持っているのは、問題となった「加点」がどの段階で行われ、何点の上乗せであったかということです。
ネットニュースを調べた限りではあまり定かではないものの、1次試験で加点していた疑いがあるようです。今後の報道に注目したいと思います。

意外に誤解されがちなのは、今回の事件はあくまで「汚職事件」だということです。
文部科学省の(元)局長が逮捕されましたが、容疑は「収賄」です。息子を裏口入学させたから逮捕されたわけではなく、文科省の幹部として大学に便宜を図った見返りとして、「接待」を受けたから逮捕されたのです。
どうやら私立大学の場合、裏口入学は必ずしも違法行為ではないようですね。もちろん、だからと言って今回の裏口入学を擁護する気は全くありません。この辺りのことはまた次回以降で。

正直にお話ししておくと、私自身も某私立大学を卒業しています。
両親は医者ではなく、親戚にも医者はいません。比較的余裕のある家庭で育ちましたが決してお金持ちではなく、私も当然ながら国公立大学を目指していました。
私が高校3年生だった当時、学費が比較的安く、うちの家庭でもどうにか手が届きそうな私立大学がわずかながらありました。それらの大学であれば受けても良いと両親の許しを得て、大学受験に臨みました。
国公立の医学部であればどこでも良かったので、少しでも受かる可能性が高い所を狙おうと、かなり遠方の(今では飛行機で行くのが当たり前の)地方国立大学を2校受験しました。しかし結局は一歩及ばず、唯一合格した私立大学に入ることになります。両親には本当に迷惑をかけました。

ではまた次回。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 00:20:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する