■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
不眠について
ステロイドパルス療法の副作用として不眠は多くの方々が経験されるようで、一説には70%ともいわれているそうです。
実は私も不眠になっています(投稿時刻をご覧下さい)。

ただ耳鼻咽喉科に入院していた頃から眠れていなかったので、これがステロイドによるものなのか否かはよくわかりません。きちんと眠れたのは入院初日、2日目(手術日)、3日目だけで、あとは今夜を含めると6晩連続で眠れない夜が続いています。
午前4:00頃に漸く眠り、7:00には起きるという感じです。

この職業に就いて以来、いつでもどこでも例え細切れの時間でも眠れることを身上にしてきたのに、困ったものです。

それで日中に眠いかといえばそうでもありません。せいぜい30分から1時間くらいちょっと昼寝する程度で済んでしまっています。

主治医の先生からは、眠れないことがストレスになっても困るので遠慮なく睡眠薬をもらってください、と言われているのですが、全然ストレスにならないんですよね(笑)。仕事をしている時は翌日のために眠らなくてはという気持ちに駆られますが、今は翌日に一日中眠くても困らないので、無理に眠ろうという気になりません。それと有り難いことに、関係者待遇で個室に入院させていただいているので、夜中でも自由に灯りをつけてテレビを観たり本を読んだりできます。仕事のことを気にせずに、眠ければいつでも寝られると思うと本当に気楽なものです。

しかも明日からはオリンピックが始まるので、なおさら眠る必要がなくなってしまうという…(笑)。

でも一応、明日は主治医の先生に相談してみます。
スポンサーサイト





パルス 1クール | 03:22:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する