■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
医学部入試「不正」問題に関する一考察
東京医科大学・順天堂大学医学部・昭和大学医学部と入学試験の「不正」が「発覚」し、そのうちの昭和大学は謝罪会見を行う事態となりました。
ここいらで幕引きかな〜と思っていたのですが、案の定、この問題に関する報道は沈静化の方向に向かっているように感じます。

今回の騒動の発端となった、東京医科大学の裏口入学については私も不正だと思います。しかしその後で次々と「発覚」した問題に関しては、私は不正だとは考えていません。おそらく違法性もないと思います。賛否両論あるかとは思いますが、「一定以上の学力を有し、採用する側から欲しいと思われる人材が合格する」というのが私の考えです。これは何も医学部に限ったことではなく、さらには大学に限ったことでもないと思います。

「募集要項に書いていない!」という声が多いようですが、では募集要項に「学力試験の点数順に最終合格者を決定する」と書いてあるのでしょうか?確認したわけではありませんが、そんな記載は絶対にないでしょう。

私立大学医学部の一次試験・二次試験は、プロ野球のペナントレースとクライマックスシリーズのようなものだと私は考えます。一次試験に合格する=ペナントレースで3位以内に入る、二次試験に合格する=クライマックスシリーズを勝ち抜く、ということです。ペナントレースで3位以内に入ればどのチームでもリーグの代表になる資格があり、しかし3チームとも平等というわけではなく、上位チームほど優遇措置があります。同様に、一次試験に合格すれば誰でも最終的な合格を手にする資格があり、しかし一次試験の高得点者ほど有利である、ということです。

私が不正とは思わない事柄については「不正」とカギ括弧をつけて表記しています。「発覚」についても同様です。別段、隠されていた事実ではないことがほとんどだからです。

そもそも本来、問題となったのは文部科学省の収賄でした。裏口入学という名の賄賂をもらったことが問題だったのです。それがいつの間にか話がすり替わり、私立大学医学部の「不正」入試にばかり注目が集まるようになりました。

私は国公立大学を含めた全ての医学部の入試で、多かれ少なかれある程度の操作は行われていると考えています(あくまで私見です)。ところがポツッポツッと数校だけが取り沙汰され、マスコミが騒ぎました。この一連の流れの中で、そのタイミングや大学名を見るにつけ、なんとも言えない不自然さを感じずにはいられませんでした。

日本国民がこの「不正」問題で騒ぐことによって、トクをするのは誰か?
ここに私の感じる不自然さに対する答えがあるように思います。

すべての「不正」が問題になれば、日本中の医学部が大混乱し、さらには日本の医療そのものの問題に発展しかねません。しかしそうなる前に、数校だけが槍玉にあがっただけで事態は沈静化に向かっています。これも何かを物語っているように感じます。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 17:23:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する