■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
医者は魅力ある職業か?
これまで述べてきたように、医学部の「不正」入試の報道には呆れるばかりです。しかしこの問題もかなり沈静化し、また入学試験のシーズンが近づいてきました。

一連の騒ぎは文科省官僚の子息が東京医科大学に裏口入学していたことに端を発しているわけですが、そもそもこういった問題が起こるのは、やはり医学部が「魅力ある場所」であることが前提になっているのは間違いないでしょう。
「医学部に入学する」ことと「将来医者になる」ことはほぼイコールですので、医学部が人気があるということは即ち医者が人気職業であると言えます。

もしお医者さんと話す機会があったら、「医者って良い職業ですか?」と訊いてみてください。
おそらく、多くの医師はその質問に対して否定的な答えを言うと思います。

しかし、それはウソです。少なくとも私はそう考えます。
私は、そのような質問をされた時はいつも「ハイ」と答えます。まあ尤も状況にもよりますが、少なくとも「NO」と答えることはありません。

医者の子供が医者になるパターンが多いのは、あまりにもよく知られている事実です。
考えてもみてください。もし自身の職業が「悪い」職業であったら、子供を同じ職業に就かせたいと思いますか? あるいは、子供が自分と同じ職業を目指すことに賛成しますか?

私は医者の子供ではありませんし、自分の子供を積極的に医者にしようとも考えていません。しかしもし将来、本人たちが医師を目指したいと言いだすことがあれば、喜んで応援してやりたいとも思っています。私も妻も医者ですから、そうなる可能性は十分にあります。

これは私自身が医者になってみてわかったことですが、いわゆる2世が多い職業は「おいしい」職業であると考えて間違いないと思います。医者、政治家、芸能人、などなど。もちろん私は医者以外の職業のことはわかりませんが、政治家や芸能人というのはよほど魅力的な商売なんだろうな、と想像してしまいます。

ただ医者の場合、医学部への入学試験と医師国家試験の2つの関門を突破する必要がありますので、子供を医者にしたいと思っても、思うようにいかないケースも多く見かけます。

「魅力的な職業」であることの条件として重要なのは、やはり収入でしょうか。
次回以降はその辺りについて私の考えを述べたいと思います。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 23:32:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する