■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
PCR検査について
PCRという言葉が広く認知されるようになりました。
PCRとは何でしょうか?

polymerase chain reaction の略称ですが、難しいことは省きます。
検体に含まれる微量な遺伝子のうち、特定の部分だけを選択的に増やし、調べやすくする技術のことです。
私も大学院生時代には遺伝子を使った研究をしておりましたので、PCRを頻繁に用いていました。なかなか骨の折れる作業でした。

詳しい説明は専門家の方々に譲りますが、PCR検査で新型コロナウィルスが「陽性」と判定されるということは、ある特定の遺伝子が検査によって「見つかった」ということだと理解して良いと思います。逆に「陰性」の場合は「見つからなかった」ということです。

では「見つからなかった」 = 「ウイルスがいない」でしょうか?
残念ながらそうとは言い切れません。検体の量や、あるいはそれに含まれるウイルスの量があまりにも少なかった場合には、感染していても陰性と判定される可能性があります。それが「偽陰性」です。
新型コロナウイルスの場合、感度(感染者を陽性と判定できる割合)は70%であるとされます。つまり、感染者10人にPCR検査をしても3人は陰性と判定されてしまうということです。そのため、一度陰性とされた人が次には陽性と判定されるという事例も何ら不思議なことではありません。この点を多くの人が理解できていないと思われます。

現状では新型コロナウイルス感染症に対しては、特効薬や特異的な治療法は存在しません。PCR検査の結果が陽性であろうと陰性であろうと、治療方針が変わるわけではないのです。
医学はいうまでもなく科学の一分野です。検査というものは、その結果によって治療方針に影響を及ぼす場合にのみ、やる価値があります。患者を安心させるためにやるものではありません。
これも多くの人に誤解されている点のひとつ。

PCR検査をする場合には保健所や医療機関に行くわけですが、そこへ行くまでの道中や施設内でも他人に感染させる、あるいは他人から移されるリスクがあります。そして施設の職員や、検査に携わる全ての人が感染のリスクを負っています。そしてPCR検査には労力を要します。感染が疑われる人たちがすべてPCR検査に殺到したら、どうなるでしょうか?

PCRには当然お金もかかります。
具体的には18,000円(または13,500円)かかります。今年の3/6より新型コロナウイルスのPCR検査は保険適用となったため、自己負担額はそのうちの30%で、残りの70%は私たちが納める保険料や税金から支払われます。しかも、実はこの30%の自己負担額ですら、現状では免除されます。
この事実をどれだけの人が理解しているでしょうか?

これでも、感染疑いの患者さん全てにPCR検査を施行すべきだと思いますか?

あるお笑い芸人がなかば強引にPCR検査をしてもらったという報道がありましたが、それを擁護する発言をした放送作家を含め言語道断です。もはや私は今後、あの3人組を見ても笑うことはありません。

ワイドショーなどを観ると、ただ知名度が高いだけの「コメンテーター」と呼ばれる人たちが実に勝手なことを言っています。素人であるにも関わらず、知名度が高いだけに影響力は絶大です。彼らは自身の発言に責任を持てるのでしょうか?


(追記)
検査キットの開発などで、検査が広く簡便・安全・安価に施行できるようになれば話は変わってきます。
近い将来そうなることを祈っています。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 12:55:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する