■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
PCR検査について②
今日はこんな記事が...。

岡江さん死去 舛添氏の「PCR検査していたら」投稿に苦言相次ぐ

もういい加減にして欲しい。

岡江さんは4/3に発熱し、4/6に容体が悪化して入院し、その日にPCR検査を行ったようです。むしろすごく早く検査をしたと言えます。治療方針も間違っていません。
基本的には軽症であれば自宅療養(または宿泊療養)です。しかもPCRは結果が出るまでに時間を要しますので、4/3に検査したとしても4/6までに結果が出たかどうかもわかりません。

PCR検査はあくまで「検査」であり、治療法ではありません。
この人は、PCR検査をすれば病気が治るとでも思っているのでしょうか。

舛添氏は法学部出身とはいえ、厚生労働大臣まで務めた人物です。この国の医療行政のトップを務めた経験のある人物ですら、正確な知識を持たず、自分から勉強しようともせずに国民を間違った方向に扇動する始末です。

情報の取捨選択が必要です。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 10:47:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する