■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
慰労金をいただきました
「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」というものが行われています。

詳細は省きますが、この国のすべての医療機関において、一定期間の間に10日以上の勤務実績がある人が対象となります。正規職員でもアルバイトでも関係なく、また医師や看護師などの有資格者だけでなく事務職員や清掃業者なども対象になります。

もちろん私も該当しますので申請し、先月給付されました。
ありがたく頂戴しておきながら言うべきことではないかもしれませんが、個人的にはこういう制度にはあまり賛成できません。

職業選択の自由が認められているこの国で自らの意思で医師になった以上は、どんな状況であろうとやるべき仕事をやるだけのことです。感染のリスクが他業種に比べて高くなるのは事実ですが、これも別に想定外のことではありません(といっても普段から想定していたわけでもありませんが)。良い時もあれば悪い時もあるのが当たり前です。医療従事者だけを特別視してお金を配るというのは、果たしてどうなのかなと思います。

良い時もあれば悪い時もあるというのはどんな職業にもいえることです。
自治体の要請に従って休業したり、営業時間を短縮する替わりに補償を求めるというのは理解できるのですが、ただ「コロナのせいで売り上げが減っちゃったから国が補償しろ〜!」と叫ぶのはちょっとおかしいかなと思います。もちろん失業者や生活保護受給者を増やしてしまうわけにはいきませんので、最低限の対策が必要であることは確かですが。
中には今回のようなリスクに対して普段から策を講じていたり、売り上げの低下を食い止めるために社会の変化にどうにか対応しているような人や事業者もいるはずなわけで、いわば「アリとキリギリス」をひとまとめに考えてしまうのも疑問です。

ここまでお読みになって、「お前エラそうなこと言ってるけど、なんだかんだ言って自分から慰労金申請してるんじゃん(`o´)」と感じた方もいらっしゃるかと思います。その通りです。

職業柄、私もそれなりの収入を得ておりますので、相応の税金を払っています。税金を払うこと自体に異存はありませんが、払った税金が正しく使われているかどうかは甚だ疑問です。そして人より多くの税金を払ったところで、受けられる行政サービスは人並み以下、ごくわずかです。
また今回のコロナ騒ぎで、メディアや一部の政治家がこの国をわけのわからない方向に誘導しようとしているのを見て、心に決めました。
「大切なのは他人なんかじゃなく、自分と家族。自分と家族の利益を何よりも優先する。」
まあ極論ですが。

「衣食足りて礼節を知る」
ということです。

不快に思われた方、申し訳ありません。
スポンサーサイト





麻酔科医として | 13:04:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する