■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
ステロイドパルス 1クール目初日
腎臓内科病棟に移ってきました。
部屋を移ってからステロイドパルス開始かと思いきや、実はもう初日分は終わってしまいました(笑)。

まだ耳鼻咽喉科病棟にいた時に、朝食が終わったくらいの時間に「点滴いれますね~」と看護師さんがやってきました。とりあえず先に静脈路だけ確保しておくのだなと思ったのですが、開始された輸液のボトルを見ると、貼られたシールにはステロイド製剤の薬品名が印字されていました。「点滴が終わった頃に転棟(耳鼻科から内科へと病棟を移ること)になりま~す」。

あ、そんなものなのね!? もっと仰々しく(?)やるもんだと思ってましたよ。

そんなわけでステロイド投与が終わり、その後胸部と腹部のレントゲン撮影に行き、そのまま内科病棟へと移ってきました。部屋に入ったら荷物も全て移していただいた後でした。


今のところ至って元気ですが、口で大きく息を吸うとごくわずかに苦みを感じます。これがステロイドによる味覚障害なのかも知れません。
スポンサーサイト





パルス 1クール | 12:05:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する