■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
扁桃炎はあった!
私は医者ですが、耳鼻咽喉科医でもなく腎臓内科医でもなく、麻酔科医です。
IgA腎症という病気やその治療に関して、一般の方々に比べれば知っていることは多いとは思いますが(そりゃぁ医者ですから)、それでも専門家ではありません。私も多くの方々と同じように、この病気についてあれこれとネット検索しました。

どうやらIgA腎症に対する扁桃摘出術は、その施行に対しては未だ賛否両論あるようですね。否定的な意見の根拠のひとつとして、「慢性的に扁桃炎を起こしている症例でなければ意味がない」というのがあります。

正直なところ、以前の(手術前の)私もその意見は否定できませんでした。そして私には今まで慢性的に扁桃炎を起こしていたという既往はないため、自分自身の扁桃摘出による効果に関しては半信半疑でした。

ところが…!
術者の先生の話によれば、手術をしてみたら扁桃には膿がついていて、炎症を起こしている所見があったとのこと。しかも片側の扁桃は通常よりも大きくなっていた、と。
これは嬉しい情報でした。だとしたら今回の扁桃摘出は、IgA腎症の原因除去に直接結びつくかも知れません。

「扁桃炎が存在する」ことと「扁桃炎の症状がある」ことは必ずしも一致しないのですね。
だとすれば、「IgA腎症の患者には積極的に扁桃摘出を施行する」というのは正しいのではないか、とも思えてきます。

結果がでるのはずっとずっと先ですが、今後の治療に少し希望が持てました。


スポンサーサイト





耳鼻咽喉科入院中 | 21:31:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する