■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
気持ちの変遷②
からの続きです。
IgA腎症疑いと宣告されてからは、毎日が辛い日々でした。病気に対する不安、治療に対する不安、入院に対する不安、透析になる可能性があることに対する恐怖、(大袈裟かも知れませんが)死への恐怖、仕事はどうなるのか、妻子に対する申し訳なさ…といったものが常に頭の中を巡っていました。
腎生検の後で扁桃摘出+ステロイドパルス療法を行うであろうこともすでにこの時点でいわれていました。扁摘パルス療法には約1ヶ月の入院が必要となり、その間は当然仕事はできません。
私は2014年1月末日で職場を退職し、2月から別の病院に移ることになっていました。そこで次の病院での勤務開始を先延ばしにしてもらい、2月から療養に入ろうと考えました。でもこんな勝手が許されるのか、しかも病気持ちになってしまった自分を改めて雇ってくれるのか…?事情をすべて話したところ、結果的にすべて快く許して下さいました。元の職場の退職も先延ばしにしてもらい、職員の身分のまま療養することも許していただきました。
おかげさまで、今は落ち着いた気持ちで療養に専念できています。感謝の気持ちでいっぱいです。
話を戻します。

腎生検目的での入院
入院中はもう「まな板の上の鯉」です。仕事を休むことに対する不安も、あきらめてしまえば楽なものでした。せっかくの休みですから、せいぜい休養しようと考えていました。

退院後
退院時に栄養指導があり、1日の摂取量をタンパク質50gまで・食塩6gまでと制限されました。しかしカロリーは減らしてはいけないとも…。
もう妻と焼き肉屋に行くこともできないんだなぁという絶望感と、毎日の食事の用意のことで迷惑をかける妻に対する罪悪感に苦しみました。

年末年始の休み期間中
日を追うごとに冷静になってきました。そしていろいろなものに対する感謝の気持ちが芽生えてきました。生きているということ、愛する妻がいてくれること、可愛い子供がいること、仲間がいること、好きな仕事があること……自分は充分に幸せなんだなと素直に思えました。
次の外来受診で診断が決まるわけですが、「IgA腎症であれば御の字。もっと悪い病気でなければそれ以上の贅沢は言わない」という気持ちになりました。

1/6 外来受診
気持ちは落ち着いてきたとはいえ、やはり受診前は不安でした。
IgA腎症の診断を聞き、正直ホッとしました。しかも傷害は意外に軽度であったというオマケ付き!
扁摘パルス療法施行の提案に即了解し、頑張ろうという気持ちになりました。

こうして現在に至ります。
スポンサーサイト





テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

人として 患者として | 14:28:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する