■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
手術 無事終了②
術後2日目になりました。整理すると、1/29入院、1/30手術、1/31術後1日目、2/1術後2日目(今日)です。

手術当日の夜は元気でしたが、それから今日(2/1)の昼くらいまではかなり苦痛でした。

とりあえずは前回の続きから。


麻酔薬を静注されてから意識を失い、次に気づいたときにはもう手術室から病室へ戻るベッドの上でした。左手にはティッシュを持ち、自分で唾を拭っていました。後から聞いた話では(他覚的には)スッキリした覚醒だったらしく、それまでも会話していたようです。

病室に戻って時計を見たら、たしか15:10くらいだったと思います。手術はとても速かったと、これも後から聞きました。

おそらく全身麻酔薬によるものであろう、なんともいえない違和感は徐々に無くなってきます。「麻酔薬がきれるってこういう感じなのか!」と思っていると、鼻での呼吸が段々苦しくなってきて、ついには鼻からは全く息を吸うことも吐くこともできなくなりました。喉の粘膜が浮腫を起こして(むくんで)きていて、それで鼻腔が塞がったようです。ステロイドの点滴によって治りました。このステロイドの点滴は翌日、翌々日も行うことになります。

あとはひたすらノドの違和感です。いまでも若干続いています。事前に指示していた通りの術後鎮痛のおかげか安静にしていれば痛みはあまりないものの、猛烈なノドの違和感のせいでどうしても唾や痰を吐きだしたくなります。吐き出す度にイタい!ちなみに飲み込むとそれ以上にイタい!!

全身麻酔下で耳鼻咽喉科の手術を施行する場合、一般的に気管挿管という操作を行います。眠った後に患者の口を開け、4色ボールペンくらいの太さのビニール製のチューブを気管に挿入し、手術中はそのチューブを介して人工呼吸を行います。手術終了後、ほとんどの場合には意識が完全に回復する前にチューブを抜いてしまいますので、患者本人にはなにもわからないのですが(本当にわかりませんでした)、それでも刺激はしばらく残ります。

これはいつも私が担当の患者さんにも話すことなのですが、術後はその刺激のせいでやたらと痰がでます。でてくる以上は飲み込むか吐き出すしかなく、どちらも激痛だけれど吐き出す方がマシだから吐き出しました。

あと、周りから話しかけられると返答せざるを得ず、それも痛くて苦痛でした。以後、扁桃摘出を受けた直後の患者さんには、極力話しかけるのはやめようと誓いました(笑)。

それから少し眠ったのでしょうか、夜は多少ラクになって目が冴えてしまい、ブログを書いていたという次第です。

続きは次回。




スポンサーサイト





耳鼻咽喉科入院中 | 21:04:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する