■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
手術 無事終了①
手術は無事終了しました。今はもう夜中ですが、妙に目が冴えてしまっています。睡魔はいずれやってくるでしょうから、無理に寝ようとも思いません。明日も明後日も眠る時間はいくらでもあります。


というわけで、麻酔科医が患者として全身麻酔・手術を受けたことの体験記です。

13:05頃に看護師さんが来て、13:30入室に決まったとのこと。昨日手術室の予定表を見たところでは私の手術は朝イチから数えて3件目でした。15:00くらいだろうと思っていたので、予想外の早さに少々慌てました。妻と母に入室時間をメールで伝え、トイレを済ませて、13:25に看護師さんに連れられて病棟を歩いて出発。

手術室に着いたら、毎週木曜日のマネジメントをしている後輩がちょうど入口にいて、入室が予定よりも早まった理由を説明してくれました。話しているうちに耳鼻咽喉科の術者の先生や麻酔科医も現れて、手術室の看護師さんに先導されてゾロゾロと手術場へ。

部屋に入ったら手術台に横たわり、血圧計や心電図を装着して麻酔開始。いつもは医者として麻酔をかけている自分が、今日は逆の立場です。なんとも複雑な気分でした。

麻酔担当医は予定通り、昨日自分が指名した後輩でした。先輩に全身麻酔をかけるなんて、あまり気分の良いものではないかも知れませんが、快く引き受けてくれました。本人には昨日まで黙っていましたが、手術することが決まったときから、麻酔は彼に頼もうとずっと決めていました。

点滴の管の途中にある三方活栓という部分から麻酔薬が血管内に注入されると、急激に意識が遠のきます…。

続きは後ほど。




スポンサーサイト





耳鼻咽喉科入院中 | 02:16:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する