■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
気持ちの変遷①
まだ午前中。手術室からの呼び出しが来るまでにはまだまだ時間がありそうです。すでに左腕には点滴がつながっています。気分は至って平穏。

でも今の平穏な心持ちになるまでには、この2ヶ月くらいの間に何度もの気持ちの変化がありました。


健診の結果を見た頃
何の危機感もナシ。「せいぜい尿路結石だろう。ただうちは癌家系だし、癌だったら困るなぁ。」

泌尿器科受診した頃
「とりあえず癌ではなさそうで良かった。結石が疑われ、あぁやっぱりな。」
(結石でも充分に大ごとなのですが…。職業柄でしょうか。)

結石が否定され、腎臓内科受診を指示された頃
「ということは…慢性腎炎か…。これは困ったことになった。」
当然ながら病状に対するある程度の知識はもともとある上、病気のことを調べる資料は身近にいくらでもあります。色々な病気の可能性を考えました。内科受診するまでの数日間は、何をしていても上の空だったのを覚えています。何かの間違いであって欲しいとは思いながらも、腎臓を患っていることはほぼ確信していました。

腎臓内科でIgA腎症疑いと宣告された日
覚悟はしていたものの、やはりショックでした。仕事のあい間での受診でしたが、受診の後は仕事が全く手につかなくなってしまい、後輩に頼んで17時ぴったりに帰らせてもらいました。
家に入って妻と子供の顔をみた途端に涙が止まらなくなってしまいました。あの時は妻も相当つらかっただろうと思います。

腎生検目的で入院するまで
IgA腎症の確定診断はついていないものの、扁桃摘出・ステロイドパルスを受けることは確実だろうと考えていました。勤務先で診療を受けているので、当然ながら自分の検査結果もコンピュータで全て見ることができてしまいます。IgA腎症であった場合の病状の進行度まで予想できてしまい、それは決して良い予想ではありませんでした。
しかも入院…。腎生検での入院は1週間程度ですが、その後の治療目的の入院は1ヶ月ほどになるわけで、病気に対する恐怖だけでなく、入院に対する不安、さらには仕事への影響に対する不安に怯える日々でした。


長くなってきたので続きはまたいずれ。手術の後になりますかね。
スポンサーサイト





テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

人として 患者として | 12:06:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する