■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
入院しました
もう病室でブログを書いています。

治療や入院に対する怖れや不安などもうとっくに通り越した気でいましたが、やはり昨夜はあまり眠れませんでした。自分にも繊細さはあるようです。

今朝は普通に出勤して仕事をしました。午前中の少し空いた時間に入院手続きを済ませて病棟へ。スタッフに必要書類を渡して、「何かあったら手術室へ電話ください」と伝えて仕事に戻りました。
夕方近くに手術室が落ち着いてきたら入院しようと思っていたら、こういう日に限って忙しくて抜けられない!結局18時頃になってから荷物を抱えて病棟へ。遅くなったのにも関わらず、スタッフは快く対応してくれました。この辺りは職場の病院で治療を受けることのメリットでしょうか。

明日の午後、麻酔科医である自分が、全身麻酔をかけられて手術を受けます。
木曜日に予定されている手術の麻酔担当医の割り振りは、水曜日に手術室のマネージャーを務めている私の仕事です。私の手術の麻酔担当は信頼できる後輩に頼みました。術中~術後の鎮痛薬については私が自分で考えて、その通りに投与するように指示してあります。明日は私が考えた鎮痛法の効果を、この身をもって体験することになります。果たしてどうなるのか…。

今晩は本を読んだりテレビを観たりして、のんびり過ごそうと思います。気持ちは意外なほどに落ち着いています。

スポンサーサイト





耳鼻咽喉科入院中 | 20:08:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する