■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
「カーッ、ペッ!」の謎
くだらないことを思い出しました。

よく中年の男性が、痰を吐く時に「カーッ、ペッ!」って音を出しますよね。
あれ、子供の頃からずっと不思議に思っていました。なんであんな音を出すのか?

ああすることによって痰がより吐き出しやすくなるのか?
 ←自分でやってみても決してそんなことはありません。

いわゆるオジさん達がやっているので、自分も歳をとればやるようになるのか?
 ←自分ももうアラフォーだけど、今のところそうはなりません。

とすると…よく痰を吐く人がやっているので、喫煙と関係があったりするのかな、と思ってみたり。


それがなんと今回の入院でわかったのです!

扁桃摘出を受けた直後から翌々日くらいまでの間、ノドの粘膜がむくんでいて痰が吐き出しづらい状態が続きました。しかもイタいし。
その状態の時に、いつものようにエヘンエヘンとやって力強く痰をノドから口に持ってこようとすると、なんと自然にあの「カーッ、ペッ!」というアクションになったのです!
その後、粘膜のむくみがとれてからはでなくなりました。

ということは…。
「カーッ、ペッ!」とやる人は何らかの原因でノドの粘膜がむくんでいるということなのでしょう。
上にも書いたように、喫煙者は痰をよく吐きます。そして喫煙は気道粘膜の浮腫(むくみ)の原因になります。
 痰をやたらと吐く→喫煙者の可能性が高い→粘膜の浮腫がある
それ故の「カーッ、ペッ!」ではないかと。ちなみに私はノンスモーカーで、タバコを手に持ったこともありません。

考えてみると、昔に比べて駅のホームでの「カーッ、ペッ!」は見かけなくなっているような気がします。駅の全面禁煙化が進んでいることと無関係ではないのかも知れませんね。
スポンサーサイト





人として 患者として | 14:08:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する