■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
血圧
ステロイドの副作用のひとつに高血圧があります。

またIgA腎症における腎臓の予後を悪化させる因子としては、主に蛋白尿と高血圧が挙がります。

IgA腎症の管理には厳格な血圧管理が必要であるため、12月に腎生検で入院して以来、降圧薬は処方されて飲み続けています。オルメテック®というARBと呼ばれるタイプの降圧薬で、降圧作用とともに蛋白尿を抑制する作用があるとされています。

ところが困ったことに、ステロイドによる治療を始めて以来、血圧が上がってきています。
毎日2回の血圧測定がありますが、上が130~140、下が80~90程度を示しています。以前は120台/70台程度でした。

というわけで、今日から降圧薬が1種類追加になりました…。ノルバスク®という、カルシウム拮抗薬といわれるタイプの薬剤です。

クスリが増えるとやはり気分は良くありませんが、別に1種類増える程度なら今更たいした問題でもありません。これが少しでも自分の腎臓のためになるのならば安いものです。
スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 23:21:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する