■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
教授回診
私の今の職場=入院先は大学病院です。

大学病院には各科で週に1回、教授回診というものがあります。
診療科長である教授がその科の全入院患者の病床を廻り、患者毎に各担当医がそれまでの経過や今後の治療方針をプレゼンする、というものです。その時には教授はもちろん、所属するほとんどの医師、研修医、薬剤師、実習中の学生などが集団で病棟を歩き回るわけです。
ただ、テレビドラマで見るほど仰々しいものでもありません。「教授回診が始まります」なんて放送が流れることはありません。エレベーターに乗った教授よりも速く階段を駆け上り、エレベーターの前で教授を待つ、なんてこともありません。まぁもっともこの辺りは施設によって違うのかも知れませんが、私の知る限りでは見たことはありません。強いて言えば数分前に若い医者が「教授回診なんでちょっと部屋にいてください」と患者さんに言いに行くくらいでしょうか。

ただその前日は大変で、若い医者はだいたい夜遅くまで残っています。その晩のうちに受け持ち患者全員の状況を把握して今後の計画を考え、翌日に教授の前で手短にプレゼンできるよう準備をしなければなりません。受け持ち患者なら毎日診ているだろう、と思われるかも知れません。しかし彼らの仕事は病棟業務だけではなく、外来担当の日もあれば検査室担当であったり、学生や研修医の指導があったりもするので大変です。

で、腎臓内科は毎週木曜日、即ち今日が教授回診の日でした。
私の部屋にもいっぱい人が来ましたよ。ただ私は至って元気ですし、そもそもみんな顔見知りばかりなので、

担当医A「昨日からステロイドパルス2クール目です。とくに問題ありません。」
教授   「大丈夫ですか。」
私    「全く問題ありません!」
担当医B「あ、この間はFaceBookの友達申請ありがとうございます(笑)。」
私      「アッハッハ、いえいえ(笑)。」

…終了でした。

ちなみに麻酔科では教授回診はありません。そもそも基本的に我々麻酔科医は受け持ち患者というものを持っていません。私もまだ学生だった頃、若い先生たちが苦労しているのを見ていたので、病棟の患者を受け持つ先生方には頭が下がる思いです。

麻酔科医の仕事についてもいずれどこかで書こうと思います。
スポンサーサイト





テーマ:医療系学生の学生生活 - ジャンル:学校・教育

パルス 2クール | 13:10:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
お引越されたのですね。こちらはコメントするときの入力項目が多いんですね~。
また、お邪魔させていただきます♪
2014-02-13 木 14:41:30 | URL | ひめまゆ [編集]
ありがとうございました
ひめまゆ様

いろいろ試行錯誤しながらやっています。
是非また起こしくださいv-407
2014-02-13 木 19:09:25 | URL | Anesth1975 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する