■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
腎生検入院の記憶 −ダイジェスト−
もう2ヶ月ほど前の話になりますが、腎生検で入院した時のことを記憶が消えないうちに記しておこうと思います。
長くなりそうなので何回かに分けて書きます。

12/17に入院、12/18腎生検、12/21退院でした。
12/10に腎臓内科を初診で受診して1週間後に入院という半ば強引なスケジュールだったのは、それが仕事への影響を最小限に抑えるための最善の選択だったからです。

2013.12.17
日中は普通に仕事をして、ある程度業務が落ち着いたら入院することになっていました。病棟にはとくに連絡もせず、夕方くらいに入院すればよいかなと構えていたのですが…。
15:00頃に私の院内用PHSに腎臓内科の先生から連絡が入り、「そろそろ入院できませんか?」と。あわてて入院手続きをとり、仕事の格好のまま手ぶらで病棟へ。担当の看護師さんから急いで検査をまわるよう云われ、レントゲン撮影、心電図、採血、採尿と大急ぎ。検査入院だからと、甘くみていました。今から思えば迷惑な患者だったと思います。
病室に戻ってからスケジュールの説明や同意書のサインなどの事務的な手続き。落ち着いたところで手術室に置きっぱなしになっていた自分の荷物を取ってきて、それから患者用のパジャマに着替えて晴れて入院患者になりました(笑)。夕飯を食べた後、ベッドでゴロゴロしながら本を読んで早めに就寝。

2013.12.18 (〜19)
腎生検当日です。15:00頃になる予定でした。14:00すぎにお呼びがかかり、ベッドのまま検査室へ。処置が終わって15:00に病室に戻ったら、妻が来ていました。そこから24時間の地獄が始まりました。妻は17:00頃に帰宅。そのころはまだ余裕だったのですが…。21:00までは穿刺部に砂嚢をあてられたまま仰向け、その後砂嚢を外して翌8:00まで仰向け、8:00からは上半身を30°だけ起こしてもらえてそのまま仰向け、14:30に超音波で止血を確認、晴れて安静解除。とにかくツラかったです。
腎生検とその後の安静期間の詳細は次回以降に書きます。

2013.12.20
病院内であれば出歩きはフリー。自由に動けることの有り難さを実感。
出血も問題はなさそうなので翌日退院の予定に。退院後も1ヶ月くらいは再出血のリスクがあるとのことでした。次回の外来受診は1/6に予約。

2013.12.21
午前中に退院となりました。妻がクルマで迎えに来てくれました。
会計を済ませ、医療保険申請用の診断書の申し込みをして帰宅。

ちょうど12/21, 22, 23が3連休だったのでのんびり過ごし、12/24から仕事に復帰しました。
その後しばらくは再出血予防を理由にすべての力仕事を拒否し(笑)、ごくごく若干の痛みをたまに感じる以外はとくに合併症もありませんでした。

ではまた後ほど。

スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

腎生検 | 13:08:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する