■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
2/14 尿検査結果
昨日の尿検査の結果です。蛋白(+2), 潜血(±)。

私は自分の職員IDで検査結果を自由に見ることができてしまいます。担当医もおそらく私が勝手にデータを見ているのを知ってか、とくに結果の説明はしてきません(笑)。内科医的な解釈なども聞いてみたいのですけどね。同じ事象であっても、麻酔科医と内科医とではその捉え方がかなり違うものなんですよ。

担当医は3人ついてくれているのですが、3人とも年齢が私より下で、そのうち若い2人は彼らがかつて麻酔科研修をしたときに私が直接指導したことがあるという…(笑)。やりづらいのかも知れませんね。

推移を示します。記載のないものは正常範囲内です。
12/1012/181/72/52/102/14
蛋白定性+4+2+3+3+2+2
蛋白半定量1000100300300100100
潜血反応定性+3+2+2+2+1±
潜血反応半定量0.750.150.150.150.060.03
赤血球10-1910-1910-1950-9910-191-4
硝子円柱10-195-95-91-41-4-
顆粒円柱1-4-----

潜血は減っていると思って良いですかね。

一喜一憂はしないつもりですが、ちょっとだけ、喜ぶことにします。

スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 11:42:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する