■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
ステロイドパルス 2クール目5日目(内服のみ)
良い天気です。

昨夜は、入院以来いちばんよく眠れました。22:00頃眠りについて、4:30に一度目覚めましたがまたすぐに眠ったようで、7:30に起床です。

でも、眠ってしまったのをちょっと後悔。起きてテレビをつけてみたら、なんと葛西選手が銀メダル!しかも中継の解説はあの原田氏だったとか。同年代の葛西選手は今回のオリンピックでは私の一番の注目選手でしたので、リアルタイムで観るべきでした…。

私はどんなスポーツでも、スゴい数字を残す選手よりも、地味ながらも長く活躍し続ける選手が好きです。野球で言えば、レギュラーでなくても守備固めや代走などだけで10年15年とプロの世界で生き続けるような人たち。私は巨人ファンですので、最近で言えば鈴木尚広選手あたりでしょうか。

葛西選手は41歳にしてオリンピック出場、しかも7回目。これだけでもただのスゴさではありません。冬期五輪では世界一です。惜しくも銀メダルでしたが、表彰台での笑顔を見て、本当に良かったなと思いました。思わず涙がでてしまいました。本人はまだこれからも金メダルを目指すとのこと。体力の続く限り、必要とされる限り、いつまででも頑張って欲しいと思います。

さて私事ながら、明日は私の39回目の誕生日です。そして今日は小学校1,2,5,6年生の時に担任だった恩師の誕生日。1日違いなので忘れることはありません。私の人生に、間違いなく多大なる影響を与えてくれたひとりです。30年たった今でも、当時の先生の言葉が蘇ってくることが多々あります。
なかなかお会いできませんが、年賀状とお誕生日メールは欠かさないようにしています。今から文面を考えます。

スポンサーサイト





テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 08:49:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する