■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
腎生検入院の記憶 −腎生検−
2013.12.18 腎生検当日のことです。

担当医の先生の外来診療が終わり次第開始、ということで、おそらく15:00頃の開始になるだろうとのことでした。

生検の操作についての説明は前日に受けていました。おおまかにいうと下記のような感じです。
— 生検するのは左の腎臓。うつ伏せの状態で腰に超音波をあて、針を刺す場所を決めたら皮膚に局所麻酔の注射。その後エンピツの芯程度の太さの針を刺し、超音波画像を見ながら腎臓に針先を到達させ、パチンという音とともに組織を採取する。 —

腎生検自体を見たことはありませんでしたが、他の臓器で同じような手技で生検をするのは手術室でもよく見ますし、私自身も患者さんに神経ブロックを行う際に超音波画像を見ながら針を刺すことが多いので、やり方は容易に想像できました。痛みに関しても、局所麻酔をしてくれるとのことだったのでほとんど不安はありませんでした。

意外に早く、14:00すぎ頃にお呼びがかかりました。病室のベッドに横たわったまま、同じフロアにある処置室にガラガラと運ばれます。普段とは逆の立場。初めての経験です(笑)。

処置室に着いたらうつ伏せになり、背中を捲ります。先生方が道具の準備を始めます。うつ伏せになっている私からは見えません。我々もよく患者さんの腰や背中に麻酔の針を刺すことがありますが、その時の患者さんの気持ちが少しわかりました。見えないところで何かをしているというのは、決して気分の良いものではありませんね。

道具が整ったところで腰に消毒をして、布が被せられました。ヒンヤリした感触とともに超音波の機械があてられます。刺す場所が決まったら局所麻酔の注射。残念ながら、これはどうしても痛いです。とくに人間は皮膚を刺される時に強い痛みを感じますので、最初のチクッという痛みはなかなか避けられません。とはいっても細い針ですし、痛いのは一瞬ですので大したことはありません。この局所麻酔をいかに痛くないように行うかというのは、私がずっと追い求めているテーマでもあります。

そして生検の針が刺されます。痛みはありません。この時は一般的に「押されるような感覚」があるといいます。それを身をもって経験しました。確かに押されるような感覚です!人間の神経というのは、痛みを感じる神経は麻酔が効きやすく、触れられたり押されたりを感じる神経は麻酔が効きづらくできています。ですのでこのような現象が起きるわけです。

針先が目的の場所に達したらパチンという音とともに針が飛び出し、生検です。腎臓自体に痛覚はありませんので、痛みは全くありません。本当にただパチンという音がするだけです。これが3回あって終了。

針を抜き、もう一度超音波をあてたところ、どうやら腎臓から少々出血しているとのこと。まぁ針を刺したわけですしね。10分ほどでしょうか、うつ伏せのまま腰を強く圧迫されます。その後仰向けとなり、左腰に砂嚢(要するに砂の入った袋です)をあてられ、再びベッドのままガラガラと病室へ帰室。

運ばれている途中で、お見舞いに来てくれた妻に会いました。15:00くらいに始まると思って来てみたらすでに終わっていたと(笑)。まぁ妻も同業者ですので、別に心配はしていなかったようですが。
病室に戻ったのがちょうど15:00頃でした。終わってひと安心…。

と思ったら、ここからが始まりだったのです…(; ̄Д ̄)。

続きはまた。
スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

腎生検 | 16:36:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する