■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
2/17 検査結果・耳鼻咽喉科受診
蛋白定性(+2)
潜血反応定性(-)

おっ、潜血が消えました。

採血の結果は、腎機能関連ではBUN7, Cre0.79, eGFR88。その他は白血球が11800で多少高値である以外は概ね正常。

蓄尿蛋白の測定もありました。1195mg/day。まだまだ結構な数値ですが、減っていると思って良いのですかね。

推移を示します。
12/1012/181/72/52/102/142/17
蛋白定性+4+2+3+3+2+2+2
蛋白半定量1000100300300100100100
潜血反応定性+3+2+2+2+±-
潜血反応半定量0.750.150.150.150.060.03-
赤血球10-1910-1910-1950-9910-191-41-4
硝子円柱10-195-95-91-41-4-1-4
顆粒円柱1-4------

12/182/42/102/132/17
蓄尿量(ml)1600150013005501800
蛋白定量85.4111.2104.7246.166.4
蓄尿蛋白(計算値)13661668136113531195

今日は耳鼻咽喉科の外来受診もありました。
病理所見の結果としては、やはり術中に肉眼的に見られたのと同じように、病理学的にも扁桃炎の所見があったそうです。これが腎臓に悪さをしていた可能性があるとのことで、手術をしたのは正解だったようです。

光が見えるのは有り難いことです。
ゆっくり、あせらずに…。
スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

パルス 2クール | 21:16:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんばんは
こんばんは!
まず、お誕生日おめでとうございますv-315 
良い1年になりますように!

扁桃炎があったのですね!とって正解、よかったですねv-91 扁桃→腎臓・・・初めて聞いたときは本当に不思議だなあと
思いましたがv-222

一歩一歩着実に進まれていて、読んでいて励みになります
2014-02-17 月 21:37:33 | URL | りみ [編集]
りみ様へ
ありがとうございます。

そちらはいま生検の結果待ちとのこと。きっと落ち着かないことと思います。
私は幸いにして治療を開始するための環境に恵まれていたおかげで、いっきにここまで来られました。自分だけ抜け駆けしてしまっているようで、少々申し訳ない気持ちです。
2014-02-18 火 11:07:07 | URL | Anesth1975 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する