■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
検査に伴う痛み
時間があるうちに、思いついたことを記しておこうと思います。

現代の医学において、血液から得られる情報というのは非常に大きいわけです。しかし残念ながら、その血液に到達するためには多かれ少なかれ身体に傷をつけなければならないのが現状で、当然それには痛みが伴います。

「痛み」というのは我々人間にとって、最もイヤな感覚であるといっても過言ではないと思います。例えば、虫歯ができているのがわかっていても痛みがなければなかなか歯医者さんには行こうとしません。それは治療で痛い思いをするのがイヤだから。しかし放っておくうちに痛みがでてきて、仕方なく、治療による痛みを覚悟の上で歯医者さんに行く、という方は多いのではないでしょうか。

本題に戻します。
痛みというのはイヤなものですが、世の中には定期的な検査や治療のために、何度も何度も頻繁に針を刺されなければいけないような患者さんが多いのも事実です。恐らくはそういう方々のために、技術というものは進歩しているんだなぁと思ったことがありました。

腎生検目的に入院したときのこと。
生検の前日に「出血時間」の測定がありました。これは採血による検査ではなく、実際に皮膚をメスで斬り、出血が止まるまでの時間を測るというものです。検査自体を見るのは初めてでした。
検査技師さんの説明によれば −腕をメスで9mm斬り、その後30秒毎(だったかな?)に傷に濾紙をあてて濾紙に血液が付着しなくなるまで続ける。血液が付着しなくなった時間を出血時間とする− というものでした。メスで9mm!? どう思いますか?9mmって、結構なキズだと思いませんか(私だけでしょうか)?
恥ずかしいことに、私は医者でありながら自分の身体に針が刺さったりする瞬間を直視することができません(笑)。諦めて腕を差し出して目を背けていると、「ハイ終わりです」。…??。何も感じませんでした。見るとちゃんとキズができていて、血がでています。
技師さんによれば、メスがとても薄く鋭くできているので、一瞬でやれば痛くないのだそうです。ベテランの技師さんだったので、技術の高さが手伝っていたのかも知れません。スゴいもんだなぁ、と感動しました。

そして今回のステロイドパルス。
1クール目の時期に毎日4回の血糖測定がありました。指先にボールペンのようなプラスチックの器具をあて、看護師さんがボタンを押すとともに針が飛び出します。出てきた血液を血糖測定用の機械に反応させると5秒で数値がでます。
これは私もよく患者さんには行っていましたが、自分がされるのは初めてでした。また私が患者さんに行う場合であっても、ほとんどの場合は全身麻酔で眠っていますので、痛みを気にしたことはありませんでした。
毎日4回!? 痛いのかな…。
実際にやってみると、そうでもありません。「全く痛くない」といえば嘘になりますが、ごく若干の衝撃を感じるだけという感じです。決して気分の良いものではないのも確かですが。直後に指先を使うような操作をしても、全く痛くありません。
糖尿病の患者さんはこれをずっと続けるわけですから、やはりこういう技術の進歩は大切なのだと思います。

本当に、たいしたもんです。
スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

麻酔科医として | 13:37:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する