■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
2/20 検査結果
今日の検査結果を見てきました。

1/72/52/102/132/172/20
BUN5101010711
Cre0.810.820.840.710.790.73
eGFR868583998896
WBC5900940010300188001180017800
Glu1011979112481107

12/1012/181/72/52/102/142/172/20
蛋白定性+4+2+3+3+2+2+2+2
蛋白半定量1000100300300100100100100
潜血定性+3+2+2+2+±--
潜血半定量0.750.150.150.150.060.03--
赤血球10-1910-1910-1950-9910-191-41-41-4
硝子円柱10-195-95-91-41-4-1-45-9
顆粒円柱1-4-------

12/182/42/102/132/172/20
蓄尿量(ml)1600150013005501800
蛋白定量85.4111.2104.7246.166.478.3
蓄尿蛋白(計算値)13661668136113531195

白血球(WBC)の高値はさすがステロイドです。血糖値(Glu)はもう心配なさそうです。
Cre, eGFRは上下しているようにも見えますが、横這いといえそうです。でもCreが0.8を下回り続けているのはちょっと嬉しいかな。

尿所見はとりあえず足踏みですかね。潜血が陰性化したことは信じて良さそうで、これは吉報でした。でもこの病気の予後を左右するのはあくまで尿蛋白ですから、まだまだこれからですね。
蓄尿はどうしたのでしょうか、結果がうまく出なかったようです。ただ蛋白定量に関して、怪しい可能性がある2/13の数値を無視すると、減少傾向にあるように見えなくもありません。

これが入院中最後の検査所見になるのでしょう。次回の外来受診は3/18になりました。

もとより焦る気はありません。それでも良い兆しを感じながら退院できることは正直に嬉しいです。
スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

パルス 3クール | 16:34:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する