■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
食事制限について
入院生活最後の夜になりました。
例によって、もう無理に眠ろうという気は全くありません

退院前に一度栄養士さんと会っておきたいと思い、今日は栄養指導の時間を設けてもらいました。まあ特に訊きたいことがあるわけでもなかったのですが、なんとなく、安心が欲しかったのです。

栄養指導は今回で3回目でした。毎回同じ管理栄養士さんが担当してくれています。
1回目は腎生検目的での入院時の退院前日 2013.12.21
2回目は生検の結果を伝えられた外来の日 2014.01.06
そして今日                                          2014.02.20      

1回目では、一日の摂取量をタンパク質50g、食塩6gを上限にするようにとの指導でした。ご飯やパン、野菜、魚、肉といったものに大まかにどの程度のタンパクが含まれるかということや、具体的にこれらを3食にどう割り振るかといった、食事制限初心者に対する指導としての導入部ともいうべき話でした。あとカロリーを減らしてはならず、痩せてはいけないとも言われました(これがムズカシイ!)。栄養成分表を買っておいた方がよいこと、各種低タンパク食品や減塩食品なども教わりました。この時は私ひとりで行ったのですが、次回はできれば妻も同伴するようにと言われました。

翌日に退院し、食事制限生活が始まりました。最初は夫婦で施行錯誤で、しかも摂りすぎてしまう恐怖からどうしても摂取量を少なくしてしまいがちで、体重も少々減ってしまいました。でもだんだん慣れてきて、コツのようなものが掴めてきます。ただこれは私などよりも妻の頑張りによるところが大きく、彼女のことが本当に頼もしく思えました。やはり家族の協力は大切だと思います。

私も妻もiPad miniを持ち歩いています。そこでiPadの「メモ」を二人で共有し、平日は私が日中に飲み食いしたもの全ての品目・タンパク量・塩分を入力するようにしました。最近は市販の飲食物にも栄養成分が記載されていることが多いので、とても助かります。妻はそれを見て夕飯で摂取可能な成分を計算して夕飯の支度をする、というようにしました。場合によっては逆に妻の方から「今晩は◯◯にするから、日中はタンパク××塩△△までに抑えておいて」と言われることもありました。どうも私は中途半端が嫌いな性格なもので(笑)、結構キッチリやりました。

2回目の栄養指導は妻も一緒に受けました。おそらくは、1回目の指導の内容がどれだけ守られているか・さらに具体的にどうすべきかといった話をする予定だったのだと思います。ところがiPadの画面を栄養士さんに見せたところ、拍子抜けしてしまっている感じでした。結局はその調子でやっていけば良いでしょうと(笑)。ただその日の採血の結果でナトリウム値が正常値を下回ってしまっていたので、塩分はもう少し増やしても良いと言われました。これは有り難かったです。それからお酒も性格が変わるほど飲まなければOK、とのことでした(笑)。
あとは妻が調理法などの細かい質問をして終了。

そして今日の3回目は私ひとりで行きました。今朝も述べたように私は退職が決まっているため、これから何回か送別会をやってもらう予定があります。それについて対策を訊いてみました。立て続けの飲み会は困るが、週に1回程度であれば、他の6日間がきちんと管理できていれば普通に楽しんで構わない、と言ってくれました。ホントに!?
最後に検査データの推移を見て、「いいですね。寛解までいけるかも知れませんね。」とも。今日はもう、彼女のこのひと言につきます!

・・・結構、一喜一憂しちゃってますかね。
スポンサーサイト





テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

食事について | 23:23:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する