■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
副作用 その後
ステロイドパルスでの入院中にでた副作用を挙げると以下のようになります。


1. 血糖値上昇
2. 白血球値上昇
3. 血圧上昇
4. 不眠
5. 便秘(気味)
6. 味覚障害
7. 手の震え(ごくわずか)


1, 2に関しては検査データ上のもので、とくに症状があったわけでもなく、今はもう問題ないのでしょう。

3に関しては降圧薬を内服しているものの、やはり若干高値を示す傾向があります。次の外来受診までに毎日定期的に測定し、主治医に報告した方がよさそうです。

4に関しては入院中はかなり手強かったのですが、もう完全に治ってしまいました(笑)。

5はまだ今ひとつですが、ほんの少しだけ、良くなっている気もします。

6。これは意外にまだあるようです。今日も普通に食事をしている限りは全く気づかなかったのですが、先ほど風呂上がりに氷菓子を食べたら、あまり味がなく若干の苦みを感じます。まあこれくらいは気にするほどのことでもありません。

7。これも若干残っているような気がしました。1ヶ月も入院していたので書かなくてはいけない書類も結構たまっていて、今日の日中に片付けたのですが、やはり文字が書きづらい感じがします。手が震えるというほどではありませんが、しっかり力を入れて書かないと、文字が泳いでしまうような感覚があります。これも別に困るような程度ではありません。単に腕の筋力が落ちているだけという可能性も…。


今回、この程度の副作用で済んだのはラッキーでした。

多くの方が経験するムーンフェイスや、私はもともとニキビが多い方なのでそれがひどくなること、あとアラフォー男としては抜け毛を心配していたのですが、幸いにしてどれも現れませんでした。ニキビに関しては警戒して洗顔を頻繁にしたせいもあってか、却って良くなっているくらいです(笑)。

あまり参考にならない記事で恐縮です。

スポンサーサイト





テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 23:10:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する