■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
6スポット治療
IgA腎症患者の同志の皆さんのブログでも多く登場するBスポット治療。
寛解の可能性が少しでも上がるならばと、私も退院したら受けてみたいと考えていました。

たまたま自宅の近くに施行しているクリニックがありました。そこで行っているのは「6スポット治療」というもので、Bスポット治療を発展させたものなのだそうです。何にせよ自宅に近いのは有り難いので、意を決して行ってみました。やはり痛いのは怖いですから…

問診票を記入して間もなく、診察室に呼ばれました。

IgA腎症であることとこれまでの経緯を説明した後に鼻から内視鏡を挿入され、鼻腔内から喉頭までを観察しました。画面に映るので私も観ていました。さすがは耳鼻科の先生、内視鏡の扱いが上手で、目的の場所を次々と映し出してゆきます。鼻に違和感はあるものの、さほど不快感はありませんでした。私もたまに患者さんに同じようなことをするのですが、これがなかなか難しいのです。

それから顔面のレントゲンを撮り、もう一度診察室へ。簡単な説明の後、いよいよ6スポット治療です。まず鼻からでした。左右それぞれの鼻の穴に細い金属の棒が差し込まれ、奥の方でグリグリ。イタいです涙がでました。プールで鼻に水が入った時の痛みに似ています。抜いた棒の先にはうっすらと血の色がついているのを見せられました。そして今度は口から綿棒を差し込んで奥の方でグリグリを3回。これは痛みというよりはオエッとなるのが辛かったです。

終わってみての感想は、痛かったけれど我慢できないほどではない、といったところでしょうか。

初めのうちは頻繁にやった方がよいとのことだったので、今ならばちょうど時間もあるし、週に2回のペースで通ってみようと思います。
スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

受診報告(退院後〜寛解) | 00:42:03 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
6スポット治療始められたんですね!
こんにちは。
退院おめでとうございます!
6スポット治療始められたんですね。
私も他の方のblogを見ていて気になっていたので、早速治療を始められたとのこと刺激を受けました。
今後の治療の経過を教えていただけることを楽しみにしております。
2014-02-27 木 14:34:39 | URL | you [編集]
Youさま

そちらもご退院とのこと、おめでとうございます!
これからもお互いに頑張りましょう。

6スポット治療は明日また行くつもりです。…若干憂鬱ではありますがi-202
2014-02-27 木 23:19:27 | URL | Anesth1975 [編集]
6スポット?Bスポットの進化?なんだか効果ありそう!
おえーっ!!となりながら、なみだ目で頑張りましょうね。
2014-03-01 土 10:30:44 | URL | ひめまゆ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する