■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
鼻づまりが改善♪
いま思えば子供の頃から、ずっと鼻づまりに悩まされてきました。
性格のせいもあるとは思いますが、鼻がつまっている状態というのがとにかく不快で、集中力も削がれてしまいます。

10年ほど前からは市販の点鼻スプレーが手放せなくなりました。カバンの中には常に1本、リビングに1本、寝室に1本、職場の机に1本という感じに常備していました。海外に行く時などは、不安で何本も買いだめしてスーツケースにつめていました。

とくにここ数年は毎晩1度は鼻づまりで目が覚め、朝起きた時も必ず鼻がつまっていました。仕事に影響がでても困るので、これもいずれどうにかしなければと思っていました。

ところが扁桃を摘出してからというもの、この鼻づまりが劇的に改善したのです。点鼻スプレーも1日1回使うかどうかといったところです。もともと鼻中隔に若干の彎曲があることは指摘されていたために原因はそれだと思い込んでいたのですが、どうやら扁桃炎が悪さをしていたと思って良さそうです。

退院して家に帰って来てから、私が点鼻スプレーを使わなくなったことに妻が驚いています。そしてこれは昨日初めて聞いたのですが、夜寝ている時の私はなんと口呼吸になっていたそうです(!)。それも治っているようです。

口呼吸、潜んでいた扁桃炎、そしてここ数年のうちにひどくなっていた鼻づまりと、すべてIgA腎症に繋がっていたのでしょう。

鼻づまりの改善で、生活の質は間違いなく良くなりました♪
何が幸いするかわからないものです。
スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

日常(退院後〜寛解) | 13:00:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する