■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
手術を受けてみて思ったこと
はやいもので、扁桃摘出を受けてから10日が経ちました。
術後のあの辛さはもうウソのようです。


我々麻酔科医は、残念ながら患者さんの病気を治してあげることはできません。
ただし患者さんの生命を保つことと、痛みを和らげることに関しては他のどの科の医師よりも得意でなければいけないと思っています。

麻酔科医の仕事場としては主に、手術室・集中治療室・ペインクリニックが挙げられますが、私は手術室での業務に最も重点をおいています。そして常に、どうすれば「痛くない術後」を患者さんに提供できるかを考えています。
麻酔から醒めた直後や、あるいは病室に戻った翌日や翌々日の患者さんの様子を見て、図々しくも自分はそれなりの「術後」を提供できているつもりでいました。

しかし今回、自分が患者として手術を受けてみて、それがとんでもない思い上がりであることを知りました。もちろん今までも努力を怠ったつもりはありませんが、自分が患者の立場を経験したことで、これまでは考えが至っていなかった点が多くあることに気づかされました。

やはり何ごとも経験ですね。
IgA腎症という病気になったことで、いろいろなことを学んでいます。
スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

麻酔科医として | 21:50:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する