■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
腎臓内科受診
今日は退院後初の腎臓内科受診でした。

昨日の送別会では不覚にも少々飲み過ぎたようで、あまり体調の良くない状況での採血・採尿でしたが…。

潜血定性 2+
蛋白定性 1+
蛋白定量 23mg/dl(正常値は10以下)

時系列は以下の通り。
12/171/72/52/102/132/172/203/18
BUN9510101071110
Cre0.980.810.820.840.710.790.730.92
eGFR6986858399889674
WBC7800590094001030018800118001780010200
Glu1241011979112481107108

12/1012/171/62/52/102/142/172/203/18
蛋白定性+4+4+2+3+2+2+2+2+1
蛋白/Cr比1.071.120.21
潜血定性+3+3+2+2+±--+2
硝子円柱20-2910-191-41-4-1-45-9-
顆粒円柱1-4-------

Cre, eGFRは以前から乱高下していたので気にしません。飲み過ぎた翌朝で脱水傾向にあったことも事実ですし。まぁ気分の良いものではありませんが。
潜血はやはり陽転しています。入院中に陰転したのはステロイド大量投与の効果だったのでしょう。
尿蛋白は減ったと思ってよさそうです。推定1日尿蛋白量(g)を示す蛋白/Cr比で見ると劇的に改善しているように見えます。ただここまで変化していると、却って疑わしく思えてきます。次回以降の測定値を見るまで判断は保留ですかね。

次回の受診は4/15。
プレドニンは現状維持のまま続行。
血圧のコントロールがあと一歩ということで、ノルバスクが2.5mgから5mgへと増量になりました。

とりあえず良くなってはいるようで、ひと安心です。

スポンサーサイト





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

受診報告(退院後〜寛解) | 16:32:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する