■プロフィール

Anesth1975

Author:Anesth1975
麻酔科医です。

健診でIgA腎症が発覚。

医者が患者の立場になってみて初めてわかったこと、感じたことなどを綴っていこうと思います。

'13.12.10 腎臓内科初診
'13.12.17 腎生検目的で入院
'13.12.18 腎生検 
'13.12.21 退院 食事制限開始
'14.01.06 診断確定
'14.01.29 扁摘パルス目的で入院
'14.01.30 口蓋扁桃摘出
'14.02.05 パルス1クール開始
'14.02.12 パルス2クール開始
'14.02.19 パルス3クール開始
'14.02.21 退院 → 4週毎の外来受診
'14.11.04 食事制限解除
'14.12.02 寛解のお言葉を頂戴する
'15.01.27 外来受診8週毎に
'15.09.09 外来受診12週毎に

現在の処方 '14.12.02〜
 オルメテック(20mg) 1錠
 ノルバスク(5mg)1錠

■個別の連絡をご希望の方は以下のフォームをご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

■クリック頂けると励みになります

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ


■ご訪問者数

since Feb.13, 2014

■ブロとも一覧
■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■ランキングに参加しています

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■リンク
9/9 外来受診
もう2週間すぎてしまいましたが、9/9の外来受診のご報告です。

潜血 − (前回 −)
蛋白 − (前回 ±)

12/172/203/184/155/136/107/88/59/9
蛋白定性+4+2+1+1+1--±-
尿中Cre112.04109.18112.7836.5371.14
蛋白/Cre比1.070.210.240.290.250.21
潜血定性+3-+2+2+2±±--
BUN91110656688
Cre0.980.730.920.900.760.750.770.740.77
eGFR699674769193909490

尿中クレアチニンの測定が2ヶ月に1回となっていることについて、主治医の先生に理由を訊いてみたところ、ここまで尿蛋白が少なくなってくると蛋白/Cre比の数値もあまりあてにはならないからなのだそうです。ただそれでも2ヶ月に1回測定するのは、もし今後腎症が再燃した際のために参考となる数値を残しておく必要があるから、だそうです。

潜血・蛋白ともにマイナスとなり、経過は良好なようです。
プレドニンがめでたく減量となり、5mg(隔日)です。順調なら次回10/7の受診でプレドニンは終了となる見込みです。

最近は仕事が終わって帰宅したらすぐに風呂に入り、子供と少し遊んで夕飯、食後も子供と遊んで子供が寝たら一緒に寝る、という生活パターンなもので、家でコンピュータの前に座る時間があまりありません。今日は珍しくひとりで留守番しているので、こうして久々にブログ更新しております。
スポンサーサイト





受診報告(退院後〜寛解) | 15:26:52 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
Re: こんにちは!
お久しぶりです。

時系列にしたくなるのは、たぶん職業柄です^^;

たしかに最近は早寝早起き、仕事のストレスも全然なくて、身体にとって良い状況だと思いますv-221
2014-09-24 水 12:32:06 | URL | Anesth1975 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する